川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

思えば汚れた大人になってしまったものだ。

投稿日:

「大丈夫、そのうち理解出来るようになるから」
「俺も最初はよくわからなかったよ」
「心配しないでいい。今はまだ、わからなくて当然」

どうやら、年上の彼氏が彼女に勉強を教えているところらしい。
午後の賑やかなファミレスで、制服たちは楽しそうに顔を寄せ合っている。

「そっか。いつか出来るようになるよね」
「焦らないでいいんだね」

「いつか」や「そのうち」を信じられる心は大切だな。

そんなことを思いながら、
かつての制服は、白のシャツを珈琲で汚して憂鬱な顔をしているのである。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

地震雲、以外にチェックしている前兆現象。

阪神淡路大震災のとき。 揺れる直前に、雷のように空が光ったのです。後で聞くとそれは、プレート(岩盤)が動いた瞬間の摩擦によって引き起こされたものであるということでした。 詳しいことはわかっちゃいません …

no image

旅の空から見据えてみれば。

横山秀夫さん「真相」読破。 苦い真相、人間というものの本質。重たくもあり、皮肉な結果。 横山さんの著書からは、いつも共通した「匂い」を感じます。 恨み恨まれ、騙し騙され。でも、微かな希望を見出そうとす …

でも。

でも、熱帯魚用の台だけは許してください。

レミオメロン。

何度教えて貰っても、そうとしか。

no image

こじ開けることの出来ない、棺のフタ。

今もまだ健在な父ではあるが、週に3回の人工透析を行い、歩き方にも力がなく、母親と並んで歩いていると、知らない人からは、母の父親であるかのように誤解されることさえある。 そんな父は、自分が小学校3年生の …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly