川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

語るより、動こ。

投稿日:

合同会社グランドサークル、岩松さんのセミナーに参加。

受動的な表面的な時間に終わらないよう工夫された、アウトプットのワークを含めたこの時間に参加すると、思考が整理されていくのが嬉しい。そして楽しい。

正直に書けば、いま、経営を思うときの孤独感が強くなってきている。「共有」や「共感」という感覚を焦がれている。

やるべきことや夢、憧れ。
そんなものが浮き彫りになると、語り合える仲間が欲しくなる。馴れ合いになってしまった今の組織を打破出来る、新しい刺激がほしい。「慎重になっている」と言えば格好良くて、同じ場所をぐるぐるしているような自分に苛立ちも覚える。ため息の時間ばかり増えて、それで何が変わるわけでもないのに。

セミナーに参加しながら、同じ目線を持つことの楽しさを思い出した。
参加して、本当に良かった。

汗かき岩松さんの二人目のお子さんが、本日16時に誕生されたというサプライズの報告もありました。
おめでとうございます(^^)

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

神戸で天国に一番近い場所。

@六甲山 5分だけ、さぼらせてください。下界を遠くに、秋を贅沢に満喫中。

山陽電車人丸前駅のホーム、天文科学館をシンボルとするにふさわしい絵が埋め込まれている。

ポケットのiPhoneがとある操作を勝手に行ってしまって引き起こしたミスのダメージが大きい。手のひらから色々なものに繋がる可能性は、時々、財産や運命に重大な影響を与える。凹。 山陽電車人丸前駅のホーム …

悪質の反対は良質である、それは、滝の茶屋の男が示してくれた。

昭和の生き続ける場所、ボヘミ。 今日はここの、バターライスをいただきました。柔らかく、香ばしく、優しく、温かく。 なのに、450円という驚きのプライス。 お店はもう驚くほどくたびれまくっていますが、言 …

no image

「偉そうですね」と「偉いですね」の間にあるもの。

「ほうれんそう」を求めることが上司の仕事だと思っていれば驕りなんじゃないかな。 ほうれんそうをしやすい雰囲気を作ってあげること。強制されるのではなく、自発的に出来るような環境、タイミングを作ってあげる …

今日の夕食。

地元住宅街新規開拓。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly