川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

語るより、動こ。

投稿日:

合同会社グランドサークル、岩松さんのセミナーに参加。

受動的な表面的な時間に終わらないよう工夫された、アウトプットのワークを含めたこの時間に参加すると、思考が整理されていくのが嬉しい。そして楽しい。

正直に書けば、いま、経営を思うときの孤独感が強くなってきている。「共有」や「共感」という感覚を焦がれている。

やるべきことや夢、憧れ。
そんなものが浮き彫りになると、語り合える仲間が欲しくなる。馴れ合いになってしまった今の組織を打破出来る、新しい刺激がほしい。「慎重になっている」と言えば格好良くて、同じ場所をぐるぐるしているような自分に苛立ちも覚える。ため息の時間ばかり増えて、それで何が変わるわけでもないのに。

セミナーに参加しながら、同じ目線を持つことの楽しさを思い出した。
参加して、本当に良かった。

汗かき岩松さんの二人目のお子さんが、本日16時に誕生されたというサプライズの報告もありました。
おめでとうございます(^^)

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

ロボット大図鑑。

@明石文化博物館 ロボット、かっくいー。

目的地はどこ? 辿り着きたいのはいつ? 守りたいのは誰?

ずっと泳いでばかりもいられない、かといって、休んでばかりでも置いていかれてしまう。目的地はどこで、辿り着きたいのはいつなのか、ゴールの瞬間には誰といたいのか。「こんな風になりたい」だけでは叶わない。 …

川柳とW-ZERO3[es]。

電車待ちのホーム、締切間近の川柳。 耳は一青窈に任せて。指先は17文字を追い掛ける。 誰かに届く、気持ちのこもった句が出来ますように。

no image

剥がされていく、コレマデ。

親の店の閉店が10月10日に決まって、少しずつ、中の片付けが進んでいく。 父の亡くなった直後に、役所を巡った。父の名前に斜線がはいって、正式に、父はこの世界から剥がされていった。店の片付けは、痕跡を消 …

オグシオを目指しましたが。

秋のグラウンド。オグシオを目指しましたが、20分で、もう、ベンチの日向ぼっこ。 まだまだ走り込みが足りません。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly