川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

立ち退きを求められている、僕を形成している場所。

投稿日:

神戸、元町商店街にある母の店は、実はいま、立ち退きを求められている。

様々な事情があることは承知しているけれど、物心ついたころからの、父と母と弟と、それぞれの色や声、表情、思い出の詰まる物質的な場所がなくなろうとしていることは悲しい。父なら、こんな話の出てきた時どうするだろうと、ずっとそればかりを考え続けてきた。365日店を開けていた父の思い出は、やっぱり、商売人の姿そのもので、自分の原点にも憧れにもなっている。時々、母の様子を覗きに立ち寄っては父の気配を感じて、あの日あの時の接客を思い出したり、陳列の意味を考えてみたり。時間が経って、理解出来るようになったこともたくさんで、僕はいつも、その遙かなる背中への問いかけを止めることが出来ない。父は沈黙のままに、商売の本質を今でも僕に教え続けてくれている。

今夜は元町商店街のお祭り。
一年に一度、きっと、一番人の集まる日で、それがなんだか嬉しくて、毎年時間の許す限り足を運ぶようにしている。父は、簡単には破れない「ポイ(網)」を何処かから仕入れてきて、誰がやっても何十匹と掬うことの出来る金魚掬いで人をたくさん集めていた。父は、とても嬉しそうだった。

商品と引き換えに、お金をいただく。父が「ありがとうございます」と言うのと同時に、お客さんからも「ありがとう」という声の返ってくる、そんな接客や商売の在った場所。今夜もまた、集まる人たちを眺めて、父に(良かったなぁ、今年も)と話しかけることにしたい。父はどんな顔をして頷いてくれるのだろう。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

いつもどうして。

運動会の後の空は、優しい秋の顔をして。

no image

ひっくり返ってしまった亀はどうやって元に戻るのか ~助け合って生きていく

「頼まれごとは試されごと」という言葉については持論がある。 なにかを頼まれた側が、少し成長する自分のイメージを想い描いて動き出すときの言葉であって、何かを頼む側が便利に相手を利用するために使う言葉であ …

no image

日本現代詩歌文学館の2018年の常設展に展示していただけることになりました ~僕の使命と詩歌の世界と

日本現代詩歌文学館の2018年の常設展「ゲームと詩歌」に川柳の作品を展示していただけることになりました。 できたーーー!送るー! 文学館の方が書いてくださった伝票の字の美しさに感動。 嬉しいな、作品を …

no image

きっと君は、とても悔しかったね。

「蒸れない手首用のサポーターはありませんか?」 蒸れないように、マメに交換することをオススメします。 「わかりました、ありがとうございます」 ― 彼の無念を、僕は戦友の顔で承知した。

ブログ名刺キャンペーン(AMN)スタート! – 熱くなります、前川企画印刷。

ブログ名刺キャンペーン – アジャイルメディア・ネットワーク株式会社  今年もまた、前川企画印刷の “熱い夏” がやってきました。 ブログの世界では、もはや知らない人はいないアジ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)