川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】乙女座の年男です だからこそ

投稿日:

 8月をつい、一年の折返しのように考えてしまうことがある。実際はもう、3分の2の時間が過ぎた。積み上げようと思っていたものは、さて、同じだけの比率の高さを見ているのかどうか▼9月生まれ、36才。年男の決意はいろんな風に吹かれてきたこれまでだ。何処かには追い風もあった、猛烈な向かい風にも出遭った。大半は「そんなこともあるさ」と自分を許してしまっていたようにも思う。言い訳はずっと得意だった▼数字という無機質な目標だけでなく、人肌の温度ある目標を見据える。笑ってもらいたいと心底願う、祈る▼そうして僕は、途端に、動きたくなった。

 乙女座の年男です だからこそ

(月刊ふあうすと 2012/09月号 裏表紙掲載句)

Google

Google

-川柳

執筆者:

関連記事

no image

【川柳】指切りの温もり残る一人きり   ばた

いま、どこにいますか? 約束・・・ もう、忘れてしまいましたか?? 未来に繋げていく、小さな約束が大好きでした。 会ったときから、次の約束を取り付けたがる、そんな僕でした。 小指はずっと覚えています。 …

no image

【川柳】青春の火種に息を吹き掛ける   ばた

今月の川柳マガジンでは2つ選んで頂きました。 大人になっても、いくつになっても、まるで少年の頃のようにびびっと何かを感じて、心が熱くなる瞬間があります。 既成概念に捉われず、いつも、行動に情熱の伴う、 …

no image

【川柳】笹の葉は揺れて 刺されぬ世のことを   ばた

そう、なってしまったコト。 いつか当たり前だった平和や安全。いま、祈らなければならないものへ。 だれかを信じなさいという言葉や教え。いま、人を疑う性悪説へ。 短冊は、どのときから。 寒い季節に揺れるよ …

【川柳】この頃の家族を覗く鯉のぼり   ばた

いつも、ふあうすとの裏面広告に、こんな感じで文章を書いています。 ===  目を覆いたくなる悲惨なニュースが続いています。 荒廃していく世の中、人の心…今一度、誰の心にも豊かさが取り戻されるよう、願っ …

no image

【川柳】靴下がくたびれているワンコイン   ばた

確か、この川柳を書いたころも疲れを覚えている時期でした。入選の報を聞いた今もまた、同じような疲れを覚えていたり…。 足元の哀愁と、手のひらの希望。 見飽きるほどの景色のはずなのに、心はまだ対処方法を覚 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly