川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

口の周りにソースをつけてみよう。

投稿日:

「形から入るな」というのは正論だと思うし、そうすべきだと思うけれど、「形から入るのが好きなんですよ」と言える人のほうが可愛がってもらいやすいというのもまた事実。食事のマナーはきっちりすべきだけれど、マナーにこだわり過ぎるよりも「美味しいのでお代わりしてもいいですか?」と言えるほうが、やっぱり親しみを持たれやすいのと同じことで。

起業の相談を受けるとき、マニュアルが先に立ちすぎて個性を潰してしまっている方が多いことに気付く。ロボットになってしまって相手を飽きさせるくらいならば、口の周りにソースをたくさんつけながらご飯を食べた方がよっぽど喜ばれるのでは。

ひとは、ひとと生きている。

縛られすぎないで、解き放つ。
それを受け入れてくれる場所を、ひとつひとつ増やしていくことの、未来。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

有名な人に、顔と名前を覚えてもらったこと。

明石蛸壷川柳社創立55周年記念大会。入選したのは2句。  初七日の後忙しい計算機 (これから/松本初太郎選)  LLはチラシと違う値段です(腹が立つ/萩原典呼選) — いわゆる「句会川柳」 …

こだまの森。

迷子の果てに。

no image

家族の形は変わっても、家族の距離はもっと強くなるね。

5月3日、9時26分。 ひろ兄ちゃんは雲のない静岡の空に旅立っていきました。 苦しみを抑えるモルヒネを選択。数分後に心拍数が下がっていったことから察すると、本当にもう、ぎりぎりのところで気力だけで持ち …

ワールドカップ並の行列@明石の吉野家

かっくいー。

萌えるなあ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly