川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

剥がされていく、コレマデ。

投稿日:

親の店の閉店が10月10日に決まって、少しずつ、中の片付けが進んでいく。

父の亡くなった直後に、役所を巡った。父の名前に斜線がはいって、正式に、父はこの世界から剥がされていった。店の片付けは、痕跡を消していくあの時の気持ちに似ていて僕の呼吸を辛くする。色のあるアルバムを、ちゃんと心に抱えていたとしても。

生きていれば66才、父の誕生日、9月14日。
まだ父のような商売人になりきれていない自分を自覚しつつ、今日を、父を、一層、想う。

おめでとう、一緒に飲みたかったね。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

川柳マガジン文学賞。

第一次選考、佳作に入れてもらえましたー。 今月の川柳マガジンには、あちこちに名前が出ていて嬉しいです。

no image

確かに受けとったもの、を、次に、どう。

去年、父を亡くしたとき、病院の方と葬儀会社の方が丁寧に父を清めてくださって、元気だったころのふっくらとした表情に再会することが出来ました。 死んでしまっているのに、不思議なものです。 その表情の父が自 …

no image

きっと君は、とても悔しかったね。

「蒸れない手首用のサポーターはありませんか?」 蒸れないように、マメに交換することをオススメします。 「わかりました、ありがとうございます」 ― 彼の無念を、僕は戦友の顔で承知した。

no image

成人式から一回りして今日の場所、そして、未来は。

炊けましておめでとうございます。 何が悲しいって、今年一発目のこのオヤジギャグに、未だ誰からもツッコミが来ないという淋しい年明けだったことなわけです(炊飯器の写真まで添えてるのに)。 でもね、今日、も …

明石公園のザリガニはちくわが好きだった。

Hさん、年の瀬まで仕事お疲れ様でした。これにて、無事、年内の業務はすべて終了。 昼から、西明石駅まで母親を迎えに行く。 その足で、花屋とガソリンスタンド(灯油を入れに)、ホームセンターとスーパーを回る …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly