川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

剥がされていく、コレマデ。

投稿日:

親の店の閉店が10月10日に決まって、少しずつ、中の片付けが進んでいく。

父の亡くなった直後に、役所を巡った。父の名前に斜線がはいって、正式に、父はこの世界から剥がされていった。店の片付けは、痕跡を消していくあの時の気持ちに似ていて僕の呼吸を辛くする。色のあるアルバムを、ちゃんと心に抱えていたとしても。

生きていれば66才、父の誕生日、9月14日。
まだ父のような商売人になりきれていない自分を自覚しつつ、今日を、父を、一層、想う。

おめでとう、一緒に飲みたかったね。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

テレビの必要性 -時間をもっと有効に活用するために –

ある友人の家にはテレビがなかった。 テレビがなくて、何が楽しいんだろうと不思議に思ったものだがその家族は、和気藹々といつも笑顔が絶えない生活を送っていた。 その日あったこと、思ったこと。 いろんな景色 …

君を守るためそのために生まれてきたんだ。

無駄と決めつけたら、事態は変わらない。それが誰の目に滑稽でも、守ろうと想う気持ちは奇跡になるね。…なるよね。 このブログを始めた頃と状況も大きく変わって、お読みいただく方もTwitterやFacebo …

no image

途切れ途切れの気持ちにあんみつ。

色々あったけど、嫌なことが重なりまくった一日だったな。 書き始めると愚痴にしかならない。それを書いているだけの時間が勿体ない、か。 気持ちが途切れてしまった、ぐるぐると環状線に乗っていたいような。 ― …

no image

想。

家族の形は変わっても、家族の距離はもっと強くなるね。 一年を思う。生きてくれたことを思う。 生きてくれていることを感じる。 繋がる場所に、逢えて、良かった。 いまも、これからも。

no image

今こっているのは、こらないアイテム。

前回の記事につき、コメント・メールを頂いた皆々様。誠に有難うございました。 寝たきりだった祖母を失ったこと。高校生のとき付き合っていた彼女に失恋したこと。父親に買って貰った釣竿を、小さい子に堀に投げ捨 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly