川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】ため息の薄くなるまで 高い空

投稿日:

 高校生のころ、京都の街を歩いた、空を見上げた。歴史上の人物も同じようにこの空を見上げたのかなと、想いを張り巡らせた。そして僕は京都の大学に通いたくなった▼どんな時代の、どんな場所にも、同じ色の空があって、その下を、ほんの少しだけ色の違う人たちが生きている。ひとつを争うことはあっても、いつかそれが笑いあえるようになるといい。憎しみを抱いて同じ時代を生きるのは、とても寂しい▼秋の空は高く、放てば、どんな懸念も澄んでしまいそう。見上げる空はひとつ、願うかたちもひとつ。

 ため息の薄くなるまで 高い空

(月刊ふあうすと 2012/10月号 裏表紙掲載句)

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】康孝の孝 父の名と母の詩と   ばた

父から一字貰った名前の僕に、母はピアノを与えてくれた。 脳の何処かなのか、心と呼ばれる何かなのかを、僕は知らない。けれど、表現という泉のようなものは、間違いなくそんな二人から受け継がれ、養われたものに …

no image

川柳界の僕の兄貴分である加藤鰹さんが亡くなった。

川柳界の僕の兄貴分である加藤鰹さんが亡くなった。 12月にお会いしたときは、癌が全身に転移しているとは思えないくらいの食欲と笑顔で、僕たちを和ませてくれたのに、年が明けてから病状は一転。「今度は飲みに …

no image

【川柳】ミサイルが告げる世界のキックオフ   ばた

サッカーで盛り上がる頃、日本のゴールネットが狙われている。日本は、世界は、どんなファインセーブができるのだろうか。 それとも、虎視眈々と、カウンター攻撃を狙っているのだろうか。 いつも、北からの風に、 …

no image

【川柳】梅雨明けの空 今日からは今日からは   ばた

きっかけ、でもいい、口実、でもいい。 とりあえず、でもいい、ようやく、でもいい。 忘れるための太陽なのか、背中を押すための風なのか。 とにかく、きっと。抜けたところにある、この場所からは。 もう、眩し …

no image

【川柳】傘を振る信号待ちの4番打者   ばた

雨に降られるのは鬱陶しい。だが、雨に用心して、持って出た傘が役に立たなかった一日はもっと腹立たしい。 朝、出がけの判断ミス。 余分な荷物は、まるで傘以上の重さで腕に重く、恨めしい太陽は、必要以上に僕を …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly