川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】ため息の薄くなるまで 高い空

投稿日:

 高校生のころ、京都の街を歩いた、空を見上げた。歴史上の人物も同じようにこの空を見上げたのかなと、想いを張り巡らせた。そして僕は京都の大学に通いたくなった▼どんな時代の、どんな場所にも、同じ色の空があって、その下を、ほんの少しだけ色の違う人たちが生きている。ひとつを争うことはあっても、いつかそれが笑いあえるようになるといい。憎しみを抱いて同じ時代を生きるのは、とても寂しい▼秋の空は高く、放てば、どんな懸念も澄んでしまいそう。見上げる空はひとつ、願うかたちもひとつ。

 ため息の薄くなるまで 高い空

(月刊ふあうすと 2012/10月号 裏表紙掲載句)

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】蜂蜜と優しい妻がありまして   ばた

正面から、「うんうん」と頷いてみるあなた。行間を読んで、「にやにや」と笑ってみるあなた。 悪戯にぼくは、こんなカードであなたを覗いてみたりもするのです。 ===   【掲載】蜂蜜と優しい妻がありまして …

no image

【川柳】おひなさま生まれたままで年とらず   kokomiさんお母様

ルールが少なく、「想い」があれば、誰でもすぐに始められる、、、それが川柳の魅力です。 このblog上でも、拙作をいくつかご覧いただいておりますが、いつもコメントをいただくkokomiさんのお母様が、3 …

【川柳】この頃の家族を覗く鯉のぼり   ばた

いつも、ふあうすとの裏面広告に、こんな感じで文章を書いています。 ===  目を覆いたくなる悲惨なニュースが続いています。 荒廃していく世の中、人の心…今一度、誰の心にも豊かさが取り戻されるよう、願っ …

【川柳】震災の夜 神様のような湯気   ばた

一瞬が全てを裂いた。 冷たい朝だったことを覚えている。 雪は、廃墟に立ちつくすひとたちを刺しながら舞った。 訪れてくれた友たちと、温度を求めて街を彷徨った。 元町にある父と母の店は、燃えているのだろう …

no image

【川柳】夏祭り 逢いたい人のもういない   ばた

浴衣の波 賑やかな声 毎年大人になっていく僕の 手持ち無沙汰の理由 それは君なら知っている そんな君には もう逢えないけれど ===   【掲載】夏祭り 逢いたい人のもういない     ふあうすと20 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly