川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】ため息の薄くなるまで 高い空

投稿日:

 高校生のころ、京都の街を歩いた、空を見上げた。歴史上の人物も同じようにこの空を見上げたのかなと、想いを張り巡らせた。そして僕は京都の大学に通いたくなった▼どんな時代の、どんな場所にも、同じ色の空があって、その下を、ほんの少しだけ色の違う人たちが生きている。ひとつを争うことはあっても、いつかそれが笑いあえるようになるといい。憎しみを抱いて同じ時代を生きるのは、とても寂しい▼秋の空は高く、放てば、どんな懸念も澄んでしまいそう。見上げる空はひとつ、願うかたちもひとつ。

 ため息の薄くなるまで 高い空

(月刊ふあうすと 2012/10月号 裏表紙掲載句)

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

選び方も個性。僕には僕の心の色がある ~ふあうすと川柳句会の選者

人前に立つことは好き。 1をnの人に伝えられて効率がいいし、相手の顔色に意識を向ける必要もない。緊張して当然という環境なので、ある程度の失敗は許容されるという空気もある。前で話をするだけで一定の評価を …

no image

【川柳】愛は去るセピアの街が止まらない   ばた

そのときから、景色は表情を変えた。 目を細めて見る理由、それは、眩しいからとも、涙だからとも。 あんな頃もあったのだと、こぼれる吐息。季節は移るのに、変われないまま立ちすくむ、セピアの風の中。 === …

no image

【川柳】半分にしたアンパンと秘密基地   ばた

語った夢の無限大。見上げた空の、どこまでも。 大きくちぎれた方をもらった。 君とした話の、全て、そのままが、どうか今でも約束でありますようにって。 砂を踏みながら思い出すこと。青を見つめながら願いたい …

no image

【川柳】靴紐を結び直してリスタート   ばた

走ってもいい、歩いてもいい。ただ、前を向いていよう。前に向かってみよう。 焦ることはない。 いつだって、再出発は出来る。 深呼吸でもしながら、靴紐でも結び直して。ただ、前を向いていよう。前に向かってみ …

no image

【川柳】蛙の子お人好しだと言われても   ばた

それは僕の中に流れる、父の、母の。 だから、どうしようもないんだ。だから、どうしようもなく、誇りなんだ。 僕の今、ここにいること、ここにいること。 ===   【掲載】蛙の子お人好しだと言われても   …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly