川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

「誰でも3秒でアイドル気分を味わえる方法」・・・はさておき。

投稿日:

「電気シェーバーを両手で持って顎の辺りを剃ると、アイドルっぽい気持ちになれますよ」

そんなネタを温めたまま、10月を迎えることになった。世の中の大半を「どうでもいいこと」が占めているのだとすれば、僕の主成分もやっぱりそうで、時々は「どうでも良くないこと」の所在を確かめておきたくなる。ところで「電気シェーバー」の「電気」は蛇足のような気がするがどうか。

この夏は、いろんなことがあった。信念、生命について考えさせられた。どんな壁にも道はあると信じて、そこから逆算するのを常としていたはずなのに、すべてを捨てて、逃げたくなった。しんどかった。プライドや価値観を歪めて、無理に自分を適応させようとすると、壊れる。喜怒哀楽を出すことは、平静を保つために必要なことなのだと、36歳になって知ったような気がする。

挑戦したいことはいくつもあるし、しなくてはならない。
会社を継いだときに考えていた「三十代後半」の生き方と見せ方を、意識していく必要がある。あの頃呆れていた、言い訳の上手な大人になっていないかどうか、むかし見据えた理想を、いつも自問しながら行動していきたい。

充実の秋にする、食欲は食欲で、認めるとして。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

芸術に目覚めた追突事故。

天才画伯ばた。 本日は自民党新総裁阿部さんです。うますぎ。

取り急ぎ。

豚まん、食わねば。

犬がネコに恋をした ― 2009盆休み。

毎年育てているスイカ。 今年は雨が多くて、成長がイマイチ。ナメクジたちの襲撃が、いつもより多く見られるような気もします。 自宅の机。 気分転換したいときは、仏像に関する本を読んでいます。趣味は川柳、仏 …

夏はくたびれて。

少しずつ少しずつ、小さな小さな。

no image

言葉や音符を増やしていきたいと思う、月末の、少し息苦しい風のなか

新幹線の車窓から眺めるそれぞれの生活を想像するのが大好きだ。 自分の住む町よりも都会であれば、どんな便利と娯楽が身近にあるのだろう。自分の住む町よりも田舎であれば、この環境がそこに住む人たちの心身にど …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)