川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

捨てる勇気とその先と ~ いつかうなずくまで。

投稿日:

お客さんを決めていくことの重要性を、いつも説いている。

あの仕事も、こんな仕事も、あのお客さんも、このお客さんもという構え方は、広さのトレードオフとして深さ(専門性/得意)を失ってしまうことになるからだ。ところが、実務の日々を走り続けると、今度は「数の優位」を失うことが怖くなってしまって、どんな案件にでも対応しようとしてしまいがちになる。捨てられないから、得ることが出来ない。尻つぼみへの悪循環。「わかってはいるのだけれど」という言い訳を先に、現状を打破出来ないままの足踏みを繰り返してしまう。

そんな時、尊敬している方が授けてくれた一言がとても心に響いた。

「見える範囲で仕事をしていく、わかってくれる人のためだけに一生懸命にやる」

当たり前のことだけれど、その当たり前を徹底しているからこそ、自分の色に合ったお客さんがついてくる。お客さんにも、最良の結果が伴っていく。信頼関係という絆が強くなっていくのもまた当然のことで、自分はそう、そんな関係を築いていきたいとやってきたはずだったのが、いつから何を恐がるようになってしまったのだろうと気付かされた。

理想も大事だけれど、見上げすぎては首を痛めるばかり。
前方の、すこし高さを含む場所と、足元の望めるあたりを見据えて、進んでいかなければいけない。

空を滑る鳥に、なろう。

感謝を添えて。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

マッサージを終えて。

今から夕食。

落とし穴は存在するのではなく、穴は、自らが作るものではないか

神戸市役所前の研修センターで、一日会議。 大人で、経営者で、向上心あるメンバーの集まり。刺激を得て、会を運営して、まわりまわっていつか、還元されてくるもの。 そのための、いま、Give&Gi …

no image

教えたいのか、気付いてほしいのか ― 人は疲れるということを忘れないで。

「こんなことはしちゃいけない」というノウハウ的なことは、容易に知ることが出来る。 そして、その制約を追いかけていくと、いずれ人は疲弊して、継続を放棄するようになってしまう。 だから、寄り添いたいと想う …

おはよう、ポニョ。

今日は7キロ走るんだ。 太陽がなければ、何処までも行けるよ。僕はどうやら織田裕二には、なれそうもないんだ。 いいよね、ポニョ。

no image

ブログを継続することによって、「自分の場」は踏み固められてきた

自分の通ってきた道だから「そこには落とし穴があるよ」と言ってあげることができる。でもそれを、求められもいないのに教えたら「お前に何が分かる」と言われてしまうだろうし、穴に落ちてしまった人に(実はわかっ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)