川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

水のトンネル潜るみたいに。

投稿日:

乗り換えることなく、あえて鈍行で目的地に向かうのが好きだ。ひとつひとつの景色を認めながら、この空間にだけ存在する時間と空気を享受する。至福。

宿の朝、並ぶ白飯と海苔、魚と漬け物。
贅はつまり、素朴に、何気なく、そこに容易に存在するはずなのに、「あえて」を意識しなければ触れることが出来ない。これまで、見過ごして融合することを忘れた、温度ある存在たちは幾多になるのだろう。

緩くいるからこそ、張りつめた緊張に対峙が出来る。

そんな風に思いながら、街へ向かう各駅停車の中に在る。水のトンネルを潜って、素敵の待っていることを祈る木曜日。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

波は空を、星は明日を。

学校帰りの夕暮れテトラポットの砂浜で目を閉じていると 静寂、暗闇、そして… 星空 詩の中に 自分がいるようでしたドラマの中で 何かを演じているようでした どれだけ背伸びをしても 文句を言う人は誰も居ら …

no image

あせらずいこう、前向きでいよう。

こぶこぶたのまいにち~今日もやさしい風がふく なかじ~♀さん改め、こぶこぶたさんが開設された「前進系blog」のご紹介。 === 僕らはつい、闘病記の中に「悲壮な」何かを読み取ろうとしていないでしょう …

ひたすらまっすぐだった頃の場所  にて。

15日締切分の川柳、書き上げたー。 川柳やってる人って、皆、締切間近になると「苦しい」って言うんですよね。なのに何故続けるのか。 それは句会に来た人だけが分かる喜び。 あなたも是非。 — …

たまには仕事川柳などを。

年が明けて2週間、本格的に忙しくなってきました。 当社のデザイナー林さんの机も、忙しさに比例して散らかってきます。散らかり指数が高まると、林さんの呼称は「森さん」に変わるのですが、ここ数日は「大森さん …

no image

川柳句会のはじめての選者を終えて

ふあうすと川柳社の本社句会で選者を務めさせてもらった。 川柳句会で初めての選者体験。披講の仕方に好意的な感想をいただけてホッとした。1時間での選はやっぱり厳しかったな。選ぶ側の気持ちを知る貴重な機会だ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly