川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

水のトンネル潜るみたいに。

投稿日:

乗り換えることなく、あえて鈍行で目的地に向かうのが好きだ。ひとつひとつの景色を認めながら、この空間にだけ存在する時間と空気を享受する。至福。

宿の朝、並ぶ白飯と海苔、魚と漬け物。
贅はつまり、素朴に、何気なく、そこに容易に存在するはずなのに、「あえて」を意識しなければ触れることが出来ない。これまで、見過ごして融合することを忘れた、温度ある存在たちは幾多になるのだろう。

緩くいるからこそ、張りつめた緊張に対峙が出来る。

そんな風に思いながら、街へ向かう各駅停車の中に在る。水のトンネルを潜って、素敵の待っていることを祈る木曜日。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

単純な話、僕ら関西が元気になるためには。

やっぱ阪神タイガースの優勝でしょう。 いよいよ開幕。明石が誇る『背番号9』も、今年は開幕レギュラーをげっとしました。 頼むでー。期待しとるでー。いかなご食べて頑張るんやでー。

皿鉢料理。

海の幸をいただきます。

no image

繁華街のど真ん中でお好み焼き。

どっちかって言うと、もんじゃ焼きかな。涙目で、僕を置いてけぼりにする友人たちの背中を見送ったよ。 繁華街のど真ん中で、吐いたゲロの思い出。

no image

305号室、心筋梗塞。

神戸大学@六甲山での打ち合わせ。 下界とは、まるで異なる寒さに震えまくり。見下ろす景色は最高だった。 これからも、いいお付き合いを切に。ありがとうございました。 # 周囲に気配りをされながら上手に場を …

迷子。

到着口はどこですかー?

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly