川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

水のトンネル潜るみたいに。

投稿日:

乗り換えることなく、あえて鈍行で目的地に向かうのが好きだ。ひとつひとつの景色を認めながら、この空間にだけ存在する時間と空気を享受する。至福。

宿の朝、並ぶ白飯と海苔、魚と漬け物。
贅はつまり、素朴に、何気なく、そこに容易に存在するはずなのに、「あえて」を意識しなければ触れることが出来ない。これまで、見過ごして融合することを忘れた、温度ある存在たちは幾多になるのだろう。

緩くいるからこそ、張りつめた緊張に対峙が出来る。

そんな風に思いながら、街へ向かう各駅停車の中に在る。水のトンネルを潜って、素敵の待っていることを祈る木曜日。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

社員募集をしようかどうか。

月曜日になって、ようやく体調も落ち着きを見せ始めました。 晩、少しだけ熱が出ましたが、しんどさを伴うものでもないので、多分もう、大丈夫でしょう。 === 今年になってから、仕事が途切れません。ずっと忙 …

no image

批判には世界を変えるチカラがあるけれど、ひとの名前を呼び捨てにするのは勿体ない

twitterやFacebookが一般的なものになって、いろんな意見に触れることが出来るようになった。テレビや雑誌、メディアというフィルターを通じてしか世界の考え方を知ることができなかった時代を思えば …

せるふぷろでゅーす、本を出します。

トラック一台分の印刷物を納品。 肩と腰の痛み、汗の臭い。毎年この仕事をやり終えて、年度末を意識する、春を感じる。 来年も、その次の年も、ずっとずっと。 繰り返されますように、と、気持ちを込めて、感謝の …

no image

鼻はいつだって、へし折られるように差し出さなければならない

決算に関する諸々が終わって、納付書ができた。あとは銀行に行って払い込みをするだけ。納付書の枚数は2枚ではなく5枚。5枚であることにほっとする。会社という人格が存在する意味を、会社そのものに与えてやるこ …

頭のうえの海がある。

ポニョー。 海の青のような空だよ。秋っていいね。 親父シャツの白が、波打ち際に映えるさー。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly