川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

風に舞う、その怖さを刻む。

投稿日:

波に洗われて石は丸くなるのに、人波に揉まれた心はどうしてこんなに刺々しくなるのか。

見返りを求めるからしんどくなってしまう。今年はそうならないよう、自分の時間や心は、預けたい方向にだけ向けるようにしてきた。厳選したつもりで、その場所で心削られることもあった。ああそれで、やっぱり自分は、見返りを求めていたのだと気付く。中心にいて、くるくると描いた円。その円は、少しずつ窮屈になっていく。広げていくなかで生じる負を耐えられる時期もあれば、負から逃れたくて、その円を小さくして、ぎゅっと身を守る時期もある。今年は後者だった。攻めのなかで何かが失われていくことは許容できても、守りに入って、それでも剥がれていく感覚があることには恐怖を覚える。「そんなに心配しないでも大丈夫ですよ」と言われて(それだけ心配しながらやってきたから、今日までがあるのではないか)と心に思う自分は、さて、来年はどんな風に立っていきたいのだろうと、未だ目標を決めかねている。

社長になってから今日までに支払った給料や外注費などを計算してみた。その金額、桁にぞっとすると同時に、それを回していけるだけの対価をお客様に認めていただいていることに心が熱くなる。信頼は砂の城。風に、波に、一瞬でさらわれてしまう。経験に伴ってある程度の自信が積み上がったとしても、風に舞うその怖さを忘れてはならないと思う。それをちゃんと、伝えていかなければならないと思う。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

端っこ、端正、極端、端ちゃん、端雅、端厳、端号、端子

「端っこ」という言葉を聞くたびに複雑な気持ちになる理由は僕の名前である西端に「端」という字が含まれているからで、「端正」という言葉を聞くと妙に誇らしい気持ちにもなる。日本で最も西端にある与那国島には親 …

神戸元町通商店街4丁目『プチ関口』。

うちの家族がやってるお店です。楽しげでしょ!? 是非遊びにきてください。

no image

生きてる間に言えなかったけれど、父は僕の。

いろんな方にご連絡いただきました。ありがとうございます。 メールやコメントに返事できてないのが心苦しいです。 通夜は金曜日の19時、葬儀が土曜日の11時からになりました。 水曜日、18時に集中治療室に …

no image

無題。

乳ガンだそうです。    ごめんなさい、ちょっと、今、無理。

粋な大掃除。

捩りはちまき、ジャージ。大掃除に頑張る当社のエース、N君です。 だめだめ社長はへばり中。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly