川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

自分たちのいる線のあたりに。

投稿日:

選られた言葉、行間の気遣いに触れて、まだまだを知る。期待値が高まると仕事をいただきやすくなるのかもしれない、けれど、期待以上を返すことはだんだん難しくなる。外交と内政のバランス。

翼はあるのに、足首をぎゅっと掴まれているよう。北風吹く日の深いため息。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

瀬戸内の雪だるま、ようやく逢えたね。

朝からの白、感激。 雪だるまって、素手で作るものなんですか? あまりの冷たさに、中途半端な丸ふたつ。 自宅の屋上で、やっと、逢えた。

ケータイ電話よりも小さな新種のスイカ。

嘘。 庭で育てていたスイカ。今年は日照不足で、おおきくなりませんでした。

no image

こじ開けることの出来ない、棺のフタ。

今もまだ健在な父ではあるが、週に3回の人工透析を行い、歩き方にも力がなく、母親と並んで歩いていると、知らない人からは、母の父親であるかのように誤解されることさえある。 そんな父は、自分が小学校3年生の …

目標達成!一年間毎日ブログを更新して得たもの ~年間で120万人以上の方々にブログを読んでいただいた

2014年は毎日ブログを更新すると宣言して、その目標を達成することができた。 水増しされた数字ではなく、実際に計測し続けたデータによると年間のアクセスユーザー数は延べ120万人以上。ページビュー(=読 …

no image

バカだと言われるようなことも、貫けば個性になる

勝って誰かを負かそうなんて思わない。 でも、生きていくためには守るためにはこれなんだって思ってる。僕は僕なりの。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016, 1月 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly