川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】先生の嘘 今もまだ体温に

投稿日:

個性というそれぞれを守るために、先生は嘘をついてくれた。
貫いてくれた嘘は、僕のなかを生きていて、今を形成してくれている。

「あした」とは、「明日」という目先ではなく「未来」のこと。

余韻がこんなに長くなるだなんて、
そのときは、あのときは、わからなかった。

先生の嘘 今もまだ体温に

(川柳マガジン2009年3月号「雑詠」入選句)

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】靴下がくたびれているワンコイン   ばた

確か、この川柳を書いたころも疲れを覚えている時期でした。入選の報を聞いた今もまた、同じような疲れを覚えていたり…。 足元の哀愁と、手のひらの希望。 見飽きるほどの景色のはずなのに、心はまだ対処方法を覚 …

no image

【川柳】エラ呼吸してます噂消えるまで   ばた

ほんの75日、嵐の過ぎるまで。 目立たぬように、身を屈めて。気付かれぬように、息を潜めて。 やがて、そっと、僕は解き放たれる。 ===   【佳作】エラ呼吸してます噂消えるまで     月刊川柳マガジ …

no image

【川柳】鯉泳ぐ青 信じてる祈ってる

頑張って欲しくても、頑張れという言葉は、きっとまだ重たい。信じて祈るしかなくても、信じて祈るだけの無力に、空しさを覚えることもある。ただ、その気持ちの積み重ねが「自分たちにできること」という意識や行動 …

no image

【川柳】別離から三日 玉子を割っている   ばた

ふっきれたのか。涙を流すための、「生」をいただいているのか。 肩を落とす淋しさも、生きているからこそで。 ===   【佳作】別離から三日 玉子を割っている     月刊川柳マガジン2007年11月号 …

川柳句会とは / 初参加体験記。

いつも仕事でお世話になっているふあうすと編集部の方に声をかけていただき、本社句会に初めて参加してきました。 今日は、色紙展の最終日。こうやって自分の書いた句を、色紙に「味のある書き方」をしてみるのも面 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly