川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】先生の嘘 今もまだ体温に

投稿日:

個性というそれぞれを守るために、先生は嘘をついてくれた。
貫いてくれた嘘は、僕のなかを生きていて、今を形成してくれている。

「あした」とは、「明日」という目先ではなく「未来」のこと。

余韻がこんなに長くなるだなんて、
そのときは、あのときは、わからなかった。

先生の嘘 今もまだ体温に

(川柳マガジン2009年3月号「雑詠」入選句)

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】杉の舞う日は宙に向く言葉たち

 最近の歳時記には花粉症を季語として採り入れるものもあるのだとか。降り続く雨はないという言葉もあるが、それにしても、春の来るまでのこの時期は本当に憂鬱なものである▼屋根の下の時間が増えて、活字に向き合 …

no image

【川柳】曇らないバッジ雲っていく未来   ばた

緑はそよぐ 朝風に 希望の船出 呼び交わす 明るい瞳 清い眉 おゝ 明石 明石 古い誇り 若い力 未来の空は 晴れている 僕らの卒業した、明石小学校の校歌。 なんだ嘘つき、未来は全然輝くつもりがないじ …

no image

【川柳】星を射るつもりで君に告げて 春   ばた

熱を帯びた風船は、胸の面積を占めて。 行方も知らず、勇気の物語。 憧れ、ため息、もしかして、どうせ。 星の距離までの あなたからの答えに。 僕たちは とても優しく笑い合いましたね。 === 星を射るつ …

no image

【川柳】帰り道逃がしてあげた夏休み   ばた

空へ、川へ、土へ、戻っていく命たち。今日の景色をありがとう。 絵日記に書いた、麦わら帽子のいちにち。 お母さんと。 ===   【掲載】帰り道逃がしてあげた夏休み     ふあうすと2007年08月号 …

no image

【川柳】タッパーの音 故郷は秋祭り   ばた

そこに置いてきたものがあります。 そこに飛ばしているものがあります。そこから飛んでくるものがあります。 僕は その線の温もりを 時々は思い出して 嬉しいような、罪悪感のような複雑な気持ちを抱きながら …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly