川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

ひとの気持ちは変わるもの。

投稿日:

彼は、いつも優しい言葉を選んで話しかけてくれた。穏やかな彼の語尾に、すべてを預けることが出来た。

そんなある日、彼の態度が突然変わった。

優しい彼が大好きだった、のに。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

明石に雪がやってきた! ~音符の心を生きていよう

明石に雪がやってきた! 素手で作るには限界があって、雪だるまはどうしてもミニマムサイズになってしまう。ネット上にアップされている他の雪だるまたちには、ちゃんと手も目も帽子もあるのに、僕はなんだか。それ …

自分たちの限界を決めないで空に触れようとする姿に

先日、高砂で撮影したもう一枚。 柵の高さは人間の都合、自分たちの限界を決めないで空に触れようとする精いっぱいに強いエネルギーを感じた。 限界が訪れる前に無理をしないでおくのも一つだし、限界が来てから休 …

no image

腹の中にいる 暴れ狂うこの虫。

変わらなければいいと思うものほど 急な流れに巻き込まれ変わって欲しいと思うものは 頑固にそのまま居座り続けることをやめない 皮肉なものですね 変化と無変化の間の苛立ちや戸惑い 焦燥の中で みんな生きて …

no image

今日の読み間違い。

×ニートのマフラー○ニットのマフラー

山陽そば(山そば)を語る! 高速そばを語る! 立ち食いうどんにはコロッケが合う!

立ち食いのうどんが大好きだ。 なかでも「山陽そば」は東播(東播磨)地区に住む自分にとって中学高校時代から愛し続けるソウルフード、僕たち地元の人間は「山そば(さんそば)」という愛称でこれを呼ぶ。あごの悪 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly