川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

愛犬の悪性リンパ腫、治療の覚え書き。

投稿日:

3/13(水)夜。

食欲がないので、病院につれていく。
血便は消化器官が荒れていることを示す。原因はステロイドによるものと考えられ、いったん、毎日のステロイド投与は休止。止血剤と胃の粘膜を保護する治療に取り組むことになった。体重が250g減少。「抗がん剤を投与していくことに決めた責任があります。ちょっとでも気になる症状があれば、夜中でも気軽にどうぞ」という先生の言葉に感動。

3/14(木)朝。

胃の治療は、出来れば一日に二回行いたいとのことで朝晩と通うことになった。
ところが、昨夜から一晩で、さらに250gの体重減少が認められる。胃に負担の少ない流動食を行っていこうということで、日中のみ、先生に預かっていただき、一時間ごとに少しずつ流し込んでもらうことにした。

3/14(木)夜。

流動食250gと点滴の成果、覚醒した感じで病院を元気に歩きまわるジュニア。
夜の時点では体重の減少はなく、体内に入った分がそのまま、体重の増加に繋がっていた。明日からは抗がん剤の副作用で、食欲減退が顕著になっていく予想。感染症は命取り、他の犬との接触はもちろん、外での散歩も行わないでほしいとのこと。

先生とすっかり仲良くなったじゅにあ。檻の中でおしっこをすると、偉そうに「ワン」と吠えて、先生に掃除を促すそう。帰りの車内で「治療のお金、めっちゃかかるんやでーじゅにあ」と話しかけると、「けちなことを言うんじゃない」という鳴き方で応えてくれた。わがまま王子の本領が出ているときは、すこし、安心できる。

深夜、弟からのメール。夜中に目覚めて水分補給。ポカリスエットは気に入らないので普通の水にしてくれと、じゅにあらしい要求があったらしい。じゅにあは、同じエサを2回連続で食べることのないグルメ犬。わがままは日常。それが嬉しい。

《愛犬じゅにあ、治療記(犬の悪性リンパ腫)》

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

痴漢を撃退したら、ホームの端まで吹っ飛んでいったお話。

学生時代、京都まで毎日1時間以上の電車通学をしていました。 ある日、混雑する車内。一人の男性の手が、若い女性の腰やお尻のあたりまで伸びているのを目撃。あまりに親密そうに抱きついているものだから、恋人同 …

no image

眠れない夜を抱くZARDのような。

考え込んでしまうことがあって疲れた。 愚痴っぽい? 色々あったけど、最後の一言で救われることもある。色々やったのに、最後の一言で台無しになってしまこともある。 せめて自分は、相手のその立場を考えて、最 …

焼酎と焼鳥。

体調も回復傾向。 毎日飲んでるなぁ…。

垂水あたり。

食事中。

少しだけ嘘をついたんだ。

東二見の駅までは、実はもうすこし距離があるんだ。ここで許しておくれ、ポニョ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly