川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

愛犬じゅにあ、治療記(犬の悪性リンパ腫)3/16 夜

投稿日:

3/16(土)夜。

午後になってお腹のあたりから膿が出始める。夜の診察で洗浄してもらうと、それまでの元気のなさが嘘のように覚醒した。痛々しいまでの膿の量、治療の様子は壮絶だったが、表情に輝きが戻って安堵する。免疫抑制中、皮膚の壊死と再生が遅れるのは致し方ない。体温が下がり気味だったのは溜まった膿が原因の可能性。これで好転してくれることを願う。体重の低下も落ち着いた。感染症が認められたことで、敗血症のリスク上昇。ステロイドを再度中断して、免疫機能の調整を続ける。

頑張るじゅにあの姿に感動することは勿論、先生の一言一言に感激する。「開業してから亡くなっていく動物たちを見ていると、医者を辞めたくなってきた」「じゅにあは高齢なのに、子どものような表情をするから可愛い」「僕でもこれだけ膿があったら痛いですよ。じゅにあ、頑張ってますよー」

休日や夜間で、どうしても対応出来ない時間帯も教えてくれた。32歳の若い先生は、これまでに出会ったどの先生よりもじゅにあに触れ、話しかけてくれる。

覚醒したわがまま王子は、膝をついて撫でてくれようとする先生に「おまえ、痛いことばっかりするなやー」とプイと顔を横に向けていた。喜ぶ家族、寂しそうな先生。ほんの、そんなことでも。

《愛犬じゅにあ、治療記(犬の悪性リンパ腫)》

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

【やらないこと】を決めたから【やること】の決まった2011年真夏の事業戦略会議。

6月末が決算で、そのまま超繁忙期に突入。ようやく決算書が出来上がりつつあって、前期の数字が確定してきた。 黒か赤かで言えば、黒。 ただ、自分が経営者になってからの6年でいえば、今回が一番悪い結果だった …

幽趣佳境で侘びさびを詠えたら

メトロノームのように朝を歌う鳥を聞いて過ごして、空は白くなっていく。 pic.twitter.com/g1vQ0YCxss — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016年6月1 …

回顧、母を想って詠んだ短歌が大賞を受賞したこと

音符にすれば表現出来るような物事の流れのイメージがあって、その抽象的な危うい感覚を共感してもらえると、ますます言語性は失われていってしまう。だから欲しいと思うのだし、だからこれではいけないのだとも思う …

JR新長田駅近く、給食以来の懐かしい味に出合った。

食事、とある打ち合わせを兼ねて。そこで見つけたのがこのメニュー。 給食以来ですよ、あげパン食べたのなんて。 しかも、記憶の中にあるあげパンは「冷めて」いるのですが、ここでは揚げたてを出してくれるので、 …

no image

Facebookにたえて会話のなかりせば春の心はのどけからまし

Facebook。 Aさんは友だち、Bさんも友だち。だけど、AさんとBさんが「いいね」をしあったりコメントをやりあっているのを表示しないようにする設定があれば、春の心はのどけからまし。そんな設定方法は …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly