川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】演出が好き 家族って似るんだね / 君は死に僕の絵の具になりました

投稿日:

16年寄り添ってくれた愛犬が逝く。父は桜の舞う中を、愛犬はサクランボの薄紅で出来た絨毯の上を旅立っていった。サンタの演出が好きだった父に似て、我が家のアイドル犬もきっと時季を選んだに違いない。似ているね、家族だね、寂しいね▼花に満ちて、エネルギーに満ちて。春はテンポ良く、次の希望を運んでくる。ここに留まっていてはいけないような罪悪感もあって笑ってみせるけれど、堪えてる。いつまでも弱虫、泣き虫▼別離は詩人の絵の具になる。君の生まれてきてくれたことも、少しずつ、描こう。ありがとう。


演出が好き 家族って似るんだね

月刊ふあうすと 2013/4月号
裏表紙掲載

君は死に僕の絵の具になりました

月刊ふあうすと 2013/4月号
明鏡府自選句

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】初七日の後 骨壷と丸い背と   ばた

「これまで」の区切りがついて。 ふと、「これから」の風が流れた。 桜の校門胸に抱いた希望のような どんな明るい未来を抱くというのだろう。 何も語らず、何も聞こえず。 ふと、「これから」の風を思った時間 …

no image

【川柳】マイネームイズ地球人手を繋ぐ   ばた

海があろうが国境があろうが。 同じおんなじ星の上。仲良しこよしであればいいんだと思う。 隣の隣の隣の隣、そのまた隣も地球人。 まる。 ===   【平抜】マイネームイズ地球人手を繋ぐ     神戸川柳 …

no image

【川柳】杉の舞う日は宙に向く言葉たち

 最近の歳時記には花粉症を季語として採り入れるものもあるのだとか。降り続く雨はないという言葉もあるが、それにしても、春の来るまでのこの時期は本当に憂鬱なものである▼屋根の下の時間が増えて、活字に向き合 …

no image

【川柳】気まぐれを許してしまうのは男   ばた

それを気まぐれだということにしてあげる、男。 許すのか、許さないのか、という前提に、君でいいのか、君でなければいけないのか、として、描く未来。 結果、 許してしまう、受け入れてしまう、男。苦悩は永遠、 …

no image

【川柳】敬老の日の孫の手にあるリボン   ばた

 立秋を過ぎる頃から、夏らしくなってきた。前川企画印刷は「年鑑制作」の夏、事務所は、もっと熱い▼句集作りの相談、引き続き、いくつか。自分も川柳をしていることをお伝えすると、打ち解けて、ご希望を伝えてく …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly