川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】演出が好き 家族って似るんだね / 君は死に僕の絵の具になりました

投稿日:

16年寄り添ってくれた愛犬が逝く。父は桜の舞う中を、愛犬はサクランボの薄紅で出来た絨毯の上を旅立っていった。サンタの演出が好きだった父に似て、我が家のアイドル犬もきっと時季を選んだに違いない。似ているね、家族だね、寂しいね▼花に満ちて、エネルギーに満ちて。春はテンポ良く、次の希望を運んでくる。ここに留まっていてはいけないような罪悪感もあって笑ってみせるけれど、堪えてる。いつまでも弱虫、泣き虫▼別離は詩人の絵の具になる。君の生まれてきてくれたことも、少しずつ、描こう。ありがとう。


演出が好き 家族って似るんだね

月刊ふあうすと 2013/4月号
裏表紙掲載

君は死に僕の絵の具になりました

月刊ふあうすと 2013/4月号
明鏡府自選句

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】頑張れと言わず自らやる姿勢   ばた

小さい会社なので、上も下も、右も左も、何もない。 ただ、それぞれが「頑張れ」と口にするよりも先に行動を起こすこと。その行動に触発されて、次の誰かの、手が、足が、頭がすっと動き出すような。 そんな好循環 …

no image

【川柳】愛してるポストの焦げるラブレター   ばた

むかーしむかし。 まだ、メールも携帯もなくて。毎日、マメに、マメに、ポスト色した手紙を書き続けた頃があります。 むかーし、むかしの、お話。 ===   【入選】愛してるポストの焦げるラブレター     …

川柳文学コロキュウムの柳誌で鑑賞文を書いています

川柳文学コロキュウムの柳誌で、鑑賞文を書かせてもらっています。 川柳の世界では、40歳になった自分でも「若手」。先輩方に気を遣いすぎると何も書けなくなってしまうので、開き直って好き勝手にやっています。 …

no image

[川柳] 耳たぶに風 幸せの顔をして

 ほんの小さな、ささやかな喜びを憶えていられるほうが、その人生は幸せに違いない。日常のなかに重なるそれらを綴るのに、この川柳という手段があって、今年はどれだけの幸を17文字に閉じ込めることが出来ただろ …

no image

【川柳】レールには急停止した痕もある   ばた

順調に見えて、見せて。僕の絆創膏のあたりは、知る人ぞ知る。 加速、加速、どうにか今は。 あの日あの時、死にたいくらいの涙だったことを。 ===   【掲載】レールには急停止した痕もある     ふあう …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly