川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】演出が好き 家族って似るんだね / 君は死に僕の絵の具になりました

投稿日:

16年寄り添ってくれた愛犬が逝く。父は桜の舞う中を、愛犬はサクランボの薄紅で出来た絨毯の上を旅立っていった。サンタの演出が好きだった父に似て、我が家のアイドル犬もきっと時季を選んだに違いない。似ているね、家族だね、寂しいね▼花に満ちて、エネルギーに満ちて。春はテンポ良く、次の希望を運んでくる。ここに留まっていてはいけないような罪悪感もあって笑ってみせるけれど、堪えてる。いつまでも弱虫、泣き虫▼別離は詩人の絵の具になる。君の生まれてきてくれたことも、少しずつ、描こう。ありがとう。


演出が好き 家族って似るんだね

月刊ふあうすと 2013/4月号
裏表紙掲載

君は死に僕の絵の具になりました

月刊ふあうすと 2013/4月号
明鏡府自選句

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

【川柳】二月堂上っていただくお茶がある   ばた

夏の出来事。 色々苦しいことが続いて、何か懐かしい景色に触れたくなりました。訪れたのは、奈良・東大寺。 自分は、特に何かの信仰があるわけではありませんが、仏陀さんの言葉には学ぶことが多く、春先から、そ …

no image

【川柳】凧上げをおとぎ話にしない青   ばた

大台、十の位が変わって。 次の世代に何を残そうか、なんて、大人を気取ってみる。 実は案外、「青い海」を見たことのない僕らだ。果たして、空の青さはいつかの思い出話になってはしまわないか。 この青の、風の …

no image

【川柳】鯉泳ぐ 風の向きなど気にせずに

新緑が目に染みて、気の満ちた空。それが追い風か逆風なのか気にせぬまま、鯉は上手に身体を翻らせて空を泳ぐ。立ち位置次第で冷たくも温かくもなる風、時々は休んでみたりもして▼子どもの頃、土曜日の放課後は無限 …

no image

【川柳】初七日の後 骨壷と丸い背と   ばた

「これまで」の区切りがついて。 ふと、「これから」の風が流れた。 桜の校門胸に抱いた希望のような どんな明るい未来を抱くというのだろう。 何も語らず、何も聞こえず。 ふと、「これから」の風を思った時間 …

no image

【川柳】年金の夢を見ている青畳   ばた

掲載:月刊川柳マガジン12月号 あすとろ柳壇(雑詠) 今月も選んでいただきました。自分の句が活字になるというのは嬉しいものですね。 選ばれるために書くわけではありませんが、励みになります。 2005年 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly