川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

背の高い本棚、君までに遠い青空。

投稿日:

揺れた日に訪れた背の高い本棚。

ラジオをかけて、新聞を開いている店主。古書店に漂う時間の止まったままの空気は、忙しなく流れる日常を問題提起してくれる。

世相を知るには書店の自己啓発コーナー。背表紙に踊るキャッチーな見出したちは、誰を駆り立てようとしているのか想像するトレーニングに最適。マーケティングやリサーチという視点を養いたいとき、離れたいとき、足の向く方向は自然と変わる。そんな心の在るがままを自覚しては、疲労の濃度を測る。まだまだ、か、そろそろ、か。

春に仰向け。

少しだけ残る桜が、穏やかな風に流されていく。その向こうには、子どもたちの歓声と笑うように走る犬の姿。

もう、一ヶ月になるんだね、と、君と来たベンチ。こればかりはまだまだだね。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

入道雲に向かって。

アクセル全開! 東の空の下でもお役に立てますように。

青と緑と光とランチ。

ワクワクを抑えながら。

とても知りたい術がある、とても担いたい役割がある。

知りたいのは、 寝転ぶ。犬がオシッコをする場所かも。犬ならまぁいいか。後日、その場所で立ち小便をするおっちゃん。 を、見かけた時の、背中のぞぞぞっとする感じを表現する術。 好きなアーティストや歌人、俳 …

まだ始まってないのに。

朝から準備で走り回っていたら、もう眠たいダメダメ人間です。昼寝を欠かさない人間が、講演に臨むと、さて、どうなるのか。

今から三田へ、雪国へ。

三田は雪が降っているそうです。神戸も少しだけみぞれが降りました。 山を越えて。 行ってきます。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly