川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

背の高い本棚、君までに遠い青空。

投稿日:

揺れた日に訪れた背の高い本棚。

ラジオをかけて、新聞を開いている店主。古書店に漂う時間の止まったままの空気は、忙しなく流れる日常を問題提起してくれる。

世相を知るには書店の自己啓発コーナー。背表紙に踊るキャッチーな見出したちは、誰を駆り立てようとしているのか想像するトレーニングに最適。マーケティングやリサーチという視点を養いたいとき、離れたいとき、足の向く方向は自然と変わる。そんな心の在るがままを自覚しては、疲労の濃度を測る。まだまだ、か、そろそろ、か。

春に仰向け。

少しだけ残る桜が、穏やかな風に流されていく。その向こうには、子どもたちの歓声と笑うように走る犬の姿。

もう、一ヶ月になるんだね、と、君と来たベンチ。こればかりはまだまだだね。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

1889年に建造されて以来、一度も灯りを落とすことのなかったパリのエッフェル塔が、2015.11.13フランス同時テロで亡くなった方を悼んで消灯されているらしい。 Je croise les doig …

吉野川SA美濃田の湯。

四国の旅、吉野川SAはオススメ。 遊覧船に乗ったり温泉に浸かれたり…今回、遊覧船は乗りませんでしたが、温泉で疲れを癒しました。 ビジネスホテルの宿泊で風呂にゆっくり入れなかったし、今日は天守閣や 鍾乳 …

no image

確かに受けとったもの、を、次に、どう。

去年、父を亡くしたとき、病院の方と葬儀会社の方が丁寧に父を清めてくださって、元気だったころのふっくらとした表情に再会することが出来ました。 死んでしまっているのに、不思議なものです。 その表情の父が自 …

no image

選び方も個性。僕には僕の心の色がある ~ふあうすと川柳句会の選者

人前に立つことは好き。 1をnの人に伝えられて効率がいいし、相手の顔色に意識を向ける必要もない。緊張して当然という環境なので、ある程度の失敗は許容されるという空気もある。前で話をするだけで一定の評価を …

no image

夜中にほぐして、明日に臨む。

落ち着くだろうと思っていた今週も、かなりばたばた。 また、週末は元々出席するつもりのなかった、ふあうすと(川柳)の大会に顔を出してきます。  →ので、慌てて課題の作句に取り組んでいます。 今週は熱帯魚 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly