川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

青き空、清き一票。

投稿日:

「お客様、いらっしゃいませ。本日は洋服をお探しですか? そちら、とても人気の商品でございます。そちらを選んでいただきますと、間違いなく、人生が変わります。是非身近なお友だちにも伝えてあげてください。そう、みんなでこの洋服を着れば、幸せになれるのですよ。あちらのお店の商品でございますか? ダメです。あちらは粗悪な商品でございまして、私たちはこれから、こういう洋服を着て変わっていかなければならないのです。あ、そうそう、こちらの洋服を着て、是非写メールでお友達にも伝えてあげてくださいね。そうすれば、お好きな飲み物、プレゼントいたしますから。でも、年齢が上の方は私たちの商品を毛嫌いする傾向にございます。ですから、こちらの飲み物プレゼントについては、若い方限定とさせていただきます。わたし、これだけ商品のこと連呼いたしましたので、是非選んでくださいね。こんなに素敵な商品の存在、お友だちに電話してでも伝えてくださいね」

押し売り型のセールス手法は支持されないし、選ばれる仕組み作り(マーケティング)はナチュラルであればあるほど良い。改めてそんなことを思い知った、清き清き一票であるべきはずの人間模様。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

葬式の何百倍も辛い。

物心ついた頃から、存在した場所。父との思い出のほとんどが染み込んだ場所。 閉店のお知らせだとか、開店当初、一緒に店をしていたNさんと父の写真だとか。自分を構成してる全てが剥がされていくようで、辛い。 …

no image

散らし雨の重さのあとに、決意の色の風は来る

桜を叩くように、執拗な雨。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016年4月3日 散らし雨の重さを背負って、咲いたばかりの薄紅たちが壁やアスファルトを泣くように染めていた。し …

イルミネ。

写真にするといい感じ。

no image

波は空を、星は明日を。

学校帰りの夕暮れテトラポットの砂浜で目を閉じていると 静寂、暗闇、そして… 星空 詩の中に 自分がいるようでしたドラマの中で 何かを演じているようでした どれだけ背伸びをしても 文句を言う人は誰も居ら …

この頃の僕は。

この頃の僕は、帰り道、プールで濡れた髪の毛を乾かす狙いもあって、窓を大きく開け放ちながらアクセルを踏む。 様々な別離や焦燥、失敗が続いては苦しみを覚え、なんだか余裕のないような日々ではあるけれど、 そ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly