川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

読書

回天特攻の島、大津島。人間魚雷は本当にあった話。

投稿日:

これまでに何度も読み返した漫画といえば特攻の島になるのだろう。人間魚雷の目となって、敵艦に突撃していく若者たちの命の物語。

産経新聞のなかで紹介されていた遺書は、消えてしまう己の命よりも家族を思いやるものだった。

「お母(かあ)さん、私は後3時間で祖国のために散っていきます。胸は日本晴れ。本当ですよお母さん。少しも怖くない。しかしね、時間があったので考えてみましたら、少し寂しくなってきました。

 それは、今日私が戦死した通知が届く。お父さんは男だからわかっていただけると思います。が、お母さん。お母さんは女だから、優しいから、涙が出るのでありませんか。

 弟や妹たちも兄ちゃんが死んだといって寂しく思うでしょうね。

 お母さん。こんなことを考えてみましたら、私も人の子。やはり寂しい。しかしお母さん。考えて見てください。今日私が特攻隊で行かなければどうなると思いますか。

 戦争はこの日本本土まで迫って、この世の中で一番好だった母さんが死なれるから私が行くのですよ。 

 母さん。今日私が特攻隊で行かなければ、年をとられたお父さんまで、銃をとるようになりますよ。

 だからね。お母さん。今日私が戦死したからといってどうか涙だけは耐えてくださいね。

 でもやっぱりだめだろうな。お母さんは優しい人だったから。お母さん、私はどんな敵だって怖くはありません。私が一番怖いのは、母さんの涙です」

引用元:注目集める回天特攻の島 周南・大津島 山口 – MSN産経ニュース

死ぬことが怖いのではなく母さんの涙が怖い、だなんて。

靖国や知覧を訪れて直筆の遺書を眺めたとき、これは本音なのだろうか、本当に怖くなかったのだろうかと色々な想像をした。建て前もあったにせよ、家族や祖国の平安を願う気持ちにはなんの偽りもなかったのだろうと思う。

注目集める回天特攻の島 周南・大津島 山口 – MSN産経ニュース

そしていまの日本のことを、周辺諸国との関係を、その命たちはどんな風に眺めるのだろう。

知らないことだらけで、知らないひとつひとつの積み重ねがいまを作っている。僕たちは海に囲まれた小さな島に住んでいて、どの方向を向いても黙祷の場所があるということを意識しないで生きている。そんな時代。

Google

Google

-読書

執筆者:

関連記事

ヒトに性善説、コトに性悪説

メンバーのしている仕事の一つ一つすべてに目を向けていたら、彼らは仕事を「与えられる」ものだと思うだろう。それは仕事ではなく作業だ。ところが、お客様からの期待を裏切らないためには進捗や品質についての責を …

no image

死刑執行直前、生きて罪を償うことを許された話

▼息子を殺された母親、執行直前の死刑囚を免罪 イラン 写真15枚 国際ニュース:AFPBB News 執行直前、被害者の母親による「平手打ち」で生きて罪を償うことを許されたという話。 「夢に私の息子が …

no image

滝口悠生さんの「死んでいない者(芥川賞受賞作)」を購入

第154回芥川賞受賞作である死んでいない者(滝口悠生)を購入。 「読書」というカテゴリにまだ読んでいない本を書いておくのは、重複して購入することを避けるための備忘録としてである。いわゆる文学作品と呼ば …

読書記。

旅行中に読み終えた本。 東野圭吾「レイクサイド」「予知夢」。 レイクサイド 新装版実業之日本社この本の詳細を見る 予知夢文藝春秋この本の詳細を見る

no image

読書の秋の覚え書き。

どんな苦しさや切なさの中にいても、活字の海にいる間は、それに没頭して、自分が救われているのを感じます。 生々しいまでの「人」が描写されていると、「自分なら?」という問いかけをしながら楽しむことも。 そ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly