川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳鑑賞

[川柳鑑賞]大好きな海が何にも喋らない/赤松ますみ

投稿日:

大好きな海が何にも喋らない
赤松ますみ
川柳作家全集赤松ますみ

「ええやん、もう。気にすんなって、そういうこともあるって。大丈夫やって、な。次があるって、な」と、夕暮れを越えて月に逢えるまで、海は優しくしてくれた。

一転、白い波のまま、海が黙して何も語らないとき、僕は自分の何かを正当化したがっていることが多い。悪戯な雲が現れて、夕暮れも月も雨に流されてしまう。「俺、甘かった?」

正義の味方にも、恋の主役にも、海は容易に誘ってくれる。黙する海にある台本は、僕をしばらく、冷静になるよう働きかけていたり。

Google

Google

-川柳鑑賞
-

執筆者:

関連記事

no image

【川柳鑑賞】後継ぎはいないいちごのかき氷   守田 啓子

 もういいかい、まあだだよ。    もういいかい、まあだだよ。   もういいかい、まあだだよ。     もういいかい、もういいよ。  遠くとおくの声がして。  目を細めては、日向ぼこ。  みーんなどこ …

[川柳鑑賞]夕焼けに一番近いクレーン車/山口早苗

夕焼けに一番近いクレーン車 山口早苗 三省堂現代女流川柳鑑賞事典 背中には夕焼けがいて、一日を終える頃に見上げるクレーン車が好き。動く気配はないけれど、汗をかいていたような雰囲気だけが残るその。今日は …

no image

【川柳鑑賞】空青い哀しいまでに白い鳥    河? 誠太郎

小僧さんから寄せていただいた川柳を、鑑賞させていただきました。 ===  空青い哀しいまでに白い鳥  街の川金魚一匹彷徨って 青と白のコントラスト、街の川を悠々と泳ぐ赤。 ほんとうは、そこに「広さ」と …

no image

[川柳鑑賞]掬われるチャンスを待っている金魚/和泉香

掬われるチャンスを待っている金魚 和泉香 私信花吹雪 投資の世界に「ゼロサム」という言葉がある。誰かが得をした分だけ誰かが損をして、合計するとゼロになるという意味。 日常にも色々な喜怒哀楽があって、君 …

ふらんす堂から出版された益岡茱萸(ますおかぐみ)俳句句集「汽水」を発注した!

同じコピーライターである益岡茱萸(ますおかぐみ)さんの汽水(句集)を発注。 益岡茱萸さんは、コピーライターとして言葉を武器として広告業界を生き抜いてきた方だ。コピーは俳句とはちがう。どんなにすぐれたコ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly