川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

神戸市兵庫区永沢町の「和楽」さんとブロガー名刺の嬉しくなる記事と。

投稿日:2014年1月18日 更新日:

土曜日、メンバーと午後から引っ越しの準備&移動&片づけ。

うちの会社にとって繁忙期である1月のこの時期に引っ越しを行う、それも自力で。無謀かもしれないが、一生懸命に掃除をしたり、お客様を送迎するシーンを想像する彼らの姿を見ていると、一年の最初に新しい環境に移ることは意味があったのかな、と思う。正式な移転日は1月27日と公示しているので、それまで、仕事をこなしながら作業を進めていきたい。

今日の作業を終えて食べた和楽さんの海苔巻お好み焼。次の新しい事務所は、この和楽さんの斜め向かいになる(今までの事務所の真向い)。

和楽
[お好み焼店]
和楽
〒652-0816 兵庫県神戸市兵庫区永沢町2-3-7-101(地図
ぐるなびで 和楽 の詳細情報を見る
※2014年1月19日現在の情報です
ぐるなびぐるなび鉄板焼き×神戸のお店情報もチェック!

ブロガー名刺の特長を3つ、が、とても嬉しい

ブロガー名刺について、色々な方がそれぞれの表現で紹介をしてくださる。どれも本当に嬉しくて、自分たちがこのサービスを継続していくことのモチベーションになっている。

ブロガー名刺の定番!すごく評判の良い『前川企画印刷さん』の太っ腹ぶりがスゴイ!! | つじもん.com

自分たちの会社の名前が「さん付け」で呼ばれ、それがまた、次のご縁に繋がっていくという循環。

自己啓発にしても仕事にしても、いただいた時間や対価の一部を次の芽に向けて再投資していく考え方が大切だと考えている。お客様がこうして時間を割いて私たちのサービスを好意的に書いてくださった。その時間に対して応えるべきは、対価の対象としてご納得いただける商品(サービス)の提供、そして満足度を高める付加価値であると思う。ブランディングといっても、背伸びをして格好つけることを言うのではない。等身大の「こんな人たちが商品を作っているんだ」という顔と温度を伝えること。そうやって愛されてこそ、商品の本質的な価値に意味が出る。

そういう姿勢、在り方に協力してくださるお客様、そして尽力してくれるメンバーには、いつも感謝するばかり。僕がこの会社をやってきて良かったと思う瞬間でもある。

Google

Google

-雑記
-,

執筆者:

関連記事

no image

「いらっしゃい」と「いらっしゃいませ」を使っていい人、使ってはいけない人。

仕事に必要でゴルフの雑誌。色々あって避けていた世界に接点が出来るのも不思議。心理が作用するスポーツ、それを拾い集めて、笑ってもらえるよう共感してもらえるよう、短く表現していく。その言葉たちが目に触れる …

紅葉している明石公園。

昼下がりをのんびり。ジャージで過ごす日曜日。

おめでとー、原宿の花嫁さん。

経営者といえども 〜同友会青年部渉外委員会に参加して

中小企業家同友会、青年部の集まり。年齢の近い人たちと考え、語り、行動を決めることの刺激。

堅実。

 

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly