川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

花も団子もあって、新しい事務所で捗るAIDMAの法則

投稿日:

slooProImg_20140128231410.jpg

お祝いの花に包まれながら、差し入れのシュークリームをいただく。ブログでシュークリームを連呼すれば夢は叶うことを知った。今度はパンナコッタを連呼してみよう。

slooProImg_20140128231411.jpg

新調したホワイトボードで社内授業。

AIDMAの法則、自分たちの身近にある仕組みについてイメージを膨らませてみる。理論があって行動するのではなく、行動の根底に大多数にあてはまる理論があるのだとすれば、知ることよりも「経験の中から思い出してみる」ことは重要。自分たちが思い当たるに至ったプロセスを、お客さんにそのまま提案できるようになってほしい。「AIDMAの法則がありまして」なんて語れるようになる必要はない、僕たちが選ぶべき言葉は「親子丼セットは、うどんか蕎麦じゃないといけないんですかねー?」という問いかけのフレーズだ(興味があれば、うちのメンバーに聞いてみてください)

その他、「型」を作って仕事を効率良く回していく方法、関西だからこそ受け入れられる営業の手法などについて説明を行った。これからの行動に反映されますように。

Google

Google

-業務日記
-

執筆者:

関連記事

no image

理屈や理論ではなく感情でひとは動く ~販促のテクニックよりも先に、共感という原点をいま

伝えているつもりでも、伝わっていなければ意味がない。伝えているつもりでも、誰もいないところで旗を振っても仕方がない。売ろうとする気持ちは見透かされてしまう。理屈や理論ではなく、感情でひとは動く。 上か …

no image

神戸で一番さん付けをされる会社になれば、ブランディングは成功したと言えるのだろうか

前川企画印刷のことを、「神戸で一番さん付けをされる会社」だと僕は書いて、その理由を問われる会話の流れに持ち込もうとする。答え方はいつも決まってる。「実際に前川企画印刷で検索してみてください」 流行りの …

no image

僕が「ビジネス」と「クライアント」という言葉を使わない理由 ~商売人の矜持

「ビジネス」と「クライアント」という言葉は、どちらも相手に対する自分の立場を勘違いさせてしまいそうな危うさを持っている気がして、僕は使わないことにしています。「ビジネス」ではなく「商売」で、「クライア …

iPhoneやスマホの画面サイズが大きくなって見えた傾向とマーケティングの戦略と

ケータイ電話のなかった頃は、晩になってから友だちの家に電話するのはとても躊躇われた。 技術の進歩で行動様式が変わると、これまでの常識は一気に変化していく。自分たちのようなコンテンツクリエイターは、常識 …

no image

プロセスを評価するということ、「カタチ」には「内側がある」ということ、信頼とは何か

上司、上の立場の人間は、下の人間の提案を一度承服したら、その責任を負わなければならない。だから上は報告を求める。下は報告をすることで、自分一人の責任から逃れることができる。僕はそう考えているので、「仕 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly