川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

動画

雪を喜ぶパンダの無邪気 ~降れ、降れ、積もれ、瀬戸内に。

投稿日:2014年2月7日 更新日:

トロントの動物園で撮影された、雪を喜ぶパンダの様子。

動物だって喜ぶ非日常に、人間が喜ばないわけがない。これを書いている今、真っ暗な闇の中を雪はしんしんと降り続いていて、明朝の銀世界が期待される。瀬戸内は特に雪の少ないところで、僕の小学校時代の卒業アルバムには、この年は誰が横綱でこの人が総理大臣だったという情報と合わせて「雪が積もった」という歴史が記載されているくらいだ。さあ、朝はどんな顔をして僕の一ページに加わってくれるのだろう。

そういえば、母が口癖のように繰り返すことがある。

「死にたいくらい辛いときに、新潟の平野に降り積もった雪を眺めていて、何もかもを忘れられるくらいに真っ新な気分になることができた」

― 人生で何度も経験することのできない世界を目の当たりにして、嫌なことを忘れるきっかけにしたり謝ってみたり、許してみたりする。非日常は、そんな特別な行動や態度に最適なチャンスになってくれるのかもしれない。「こんな雪に逢えました」なんて写真を添えたメッセージ、疎遠になっている人にはきっと。

朝を信じて。

Google

Google

-動画
-

執筆者:

関連記事

no image

じゃ、にしばたさんがお冷(おひや)の氷を齧り終わったら出発しましょうか

「じゃ、にしばたさんがお冷(おひや)の氷を齧り終わったら出発しましょうか」と、真顔で言われたときのリアクションはどんな風にすれば正解だったのだろうと今でも考えることがある。周囲からどんな風に認知されて …

no image

寒波到来、コーギー犬だって雪にダイブしたい!

「朝の気温が最高気温だと思ってください」「午前中は12月で午後は2月の冷え込みです」― 実際に冷えるのは辛いし事故や病気のリスクを考えると平穏であるにこしたことはないのだけれど、気象予報士の表現が非日 …

no image

優しい犬の瞳に教えられた「助けること」「与えること」 ~忘己利他の気持ち

助けてあげたら助けてもらえるんじゃないか、そんな見返りを求めてしまう自分はまだまだ未熟。与えて、与えて、与えて、それでいいじゃないかと言葉にはするのだけれど、心の帳簿に薄い印を記している打算。与えるこ …

no image

[動画]くたびれたときは犬に優しい人の姿に癒されよう、人に喜ぶ犬の姿に和まされよう

月末は心に余裕がなくて、どうにか諸々の支払いの処理を終えた瞬間に熱が出そうになる。組織でやっていく以上は己を殺してメンバーを主役にしなければならないとも思う一方で、やっぱり自分が前に出てやりたいと思う …

あの日の僕等 / 松山千春 ~見上げた空は青く貧しさも将来も気にせずにいられた

松山千春さんの新曲あの日の僕等を聴く。 CHAGE&ASKAは僕にとって宗教、松山千春さんは僕にとって哲学と信条である。 春と秋のコンサートに通い続けて、もう20年近くになる。歌声や詞の内容 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly