川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

感情の総量、人間の器、万事塞翁が馬、そんな色々を考えてみた

投稿日:

何か月もずっと苦悩の海の底に沈んでいたことに、とある言葉の添えられたご連絡をいただいて、心は一気に軽くなった。

ただ、思う。この嬉しさは誰かの悲しみの代償に存在するものなのではないか。オリンピックでメダルをとって喜ぶ人がいる横には、メダルに届かなくて涙を流す人がいる。雪が降って走り回る僕のことを、恨めしそうに見つめる人だっている。感情の総量はいつも一定で、誰かがプラスになった分だけ、マイナスを背負いこむ人も現れる。万事塞翁が馬という言葉にもある通り、自分ひとりの人生の時間軸を追ってみても、プラスとマイナスの出来事は帳尻合わせにやってくる。今年になってからいいことが続いているので、タイミングとしては戒める時期が来ているのだろう。

「総量」というのは感覚的なもので、僕はこれをよく、ベンチに例えて表現する。座ることのできる人の数は一定で、誰かが席を立てば、必ずまた誰かがやって来てくれる。ただし、やってくる誰かは透明で、意識していなければ着席には気付かない。透明な人が座っている場所に有色の誰かに座ってもらおうとしても、当然余裕はなく、ベンチはバランスを崩して崩壊してしまう。バランスを取りながら時を重ねれば、ベンチの長さは少しずつのびていく。つまり総量という人間の器は亀の歩みで大きくなっていく。そんなイメージ。

感情の抱き方も人間関係も、卑屈になって距離を取りすぎてはいけないのだろう。かといって、度の過ぎた程度になってしまえば、負を背負った人たちの心を抉ってしまう可能性もある。程良さ、適当。これが大切で、そして難しい。時々転んで傷を負ったときに、はじめて、あの時自分は度を越していたのだということに気が付いて経験値をもらうことができる。転ばないことも、また、あり得ない。

言葉にしてしまえば「とても嬉しいことがあった」。難しく考える必要はないのかもしれないけれど、飛び上がるほどの感情で頭をぶつけてしまうことのないよう、改めて、僕の思う「人の器」「感情の総量」について書いてみることにした。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

吉備の名物。

えび飯、なんだそうです。

no image

打たれ弱い自分のための、ダメージを最小限に食い止める方法 ~万事塞翁が馬

期が変わったし、今年も半分が終わったし、振り返りをして過ごす。 この6か月間はいいことがたくさんあった。嫌なことがなかったわけではないけれど、それを打ち消して余りあるほどのプラスがあったといえる。つま …

ここにも春。

可愛いですねぇ、幼稚園児が作ったんだそうです@板宿駅。 今から税理士さんと今後のお話など。薬の飲み過ぎで頭ぼーっとしております。

東京まで声が届いた!

祝、阪神タイガース単独首位!

no image

不当な青切符なんてたまったもんじゃない!

年末から、兵庫警察署・新開地交番とずっともめていました。 話すと、すごーく長くなってしまうので、興味のある方だけ、下記の文章をお読みいただければ、何かの時の参考にはなるかもしれません。 結論を申し上げ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly