川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]さみしくて見にきたひとの気持ちなど海はしつこく尋ねはしない/杉崎恒夫

投稿日:

さみしくて見にきたひとの気持ちなど海はしつこく尋ねはしない
杉崎恒夫
パン屋のパンセ

作者の杉崎さんは大正8年生まれ。2009年に亡くなってしまわれたが、この歌は70代か80代の頃に詠まれたものだそうだ。

この歌に描写されている主人公と同じように、海に立って風の声を聴いたことは誰にでもあると思う。瑞々しいまでの情緒を、僕はあと、30年や40年も経ってから表現することができるのだろうか。景色のひとつひとつにフレームをはめ込んで、絵画のなかに自分を置いて心を描く。リアルばかりを追いかけて、「最近の若者は」なんて、まさか、そんな。

言葉だって誰かの心の癒やしになりたがる、そして僕は詩人たちの言葉を世に繋ぐ役割を担いたいと考えた。たくさんの言葉に救われてきたこれまでの人生を返しに、いろいろな手段で広げていこう。ときどき、自身の詩もしのばせながら。

Google

Google

-短歌鑑賞
-

執筆者:

関連記事

[短歌鑑賞]たくさんの孤独が海を眺めてた等間隔に並ぶ空き缶/木下龍也

たくさんの孤独が海を眺めてた等間隔に並ぶ空き缶 木下龍也 つむじ風、ここにあります ソチ五輪のフィギュアスケートで日本男子初の金メダルに輝いた羽生結弦選手の活躍は見事だった。 華やかな舞台、栄冠。その …

[短歌鑑賞]だまし絵に騙されあっていましたね でたらめにうつくしかった日々/笹井宏之

だまし絵に騙されあっていましたね でたらめにうつくしかった日々 笹井宏之 てんとろり 放課後や夏休みは永遠に続くように思われた。幾つもの夢を語り合って、世界は僕たちの手のひらをコロコロとした。悔し涙も …

[短歌鑑賞]フェイクファー風を含んで湿りだす守りたいのは正しさじゃない/法橋ひらく

フェイクファー風を含んで湿りだす守りたいのは正しさじゃない 法橋ひらく それはとても速くて永い (新鋭短歌シリーズ) べき論をそれっぽい顔をして頷いて聞いている。生きていくっていうことを最優先に考えた …

no image

[短歌鑑賞]たっぷりと春を含んだ日溜まりであなたの夢と少し繋がる/笹井宏之

たっぷりと春を含んだ日溜まりであなたの夢と少し繋がる 笹井宏之 えーえんとくちから 理論は統計で、統計は感情や思惑の積み上げに過ぎない。だから結局、直感や感覚と呼ばれるようなもので最短距離を選べる人は …

[短歌鑑賞]多すぎる言葉を払い落したらきれいな空が広がっていた/中畑智江

多すぎる言葉を払い落したらきれいな空が広がっていた 中畑智江 同じ白さで雪は降りくる (新鋭短歌シリーズ15) 「愚痴なら聞くよ」「ほんと?」 ところが不幸話には、お互いの不幸が重なり始めてしまう。「 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly