川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

意識が高いとは ~知っていることも知らない顔で聞く

投稿日:

朝方の生活、いわゆる朝方人間で失敗をする人は少ないけれど、朝方人間であることを主張し始めると人付き合いに微妙な変化が生じ始めることがある。似たような事例で、「身体に良くないので、ラーメンは食べないことにしている」という主張もまた同様だ。

何かを積極的に行うことも、何かをしないことも人それぞれの自由。ただ、その意識や行動の徹底に強い自制や自覚が求められる場合、聞いている側は「すごいですね(でも自分には無理だなぁ、しんどいなぁ)」と、心のなかで隔たりを覚えるようになってしまう。結果的に意識の高い人は意識の高い人を呼び寄せることになるのだろうけれど、それで諸々がすべて回って幸せになれるとは限らない。そんな風に考えていくと、意識が高いとは、意識の高さを表に出すのではなく、己自身の行動や言動が相手の嫌味にならないよう配慮のできる人のことなのではないかなぁと思ったりする。

うちの会社でも、たくさんのインプットを奨励している。ただ、「知っている顔」をすることよりも「知っていることも知らない顔で聞ける人間であってほしい」と考えるのは、表面的な真面目さよりも、人として付き合いやすい雰囲気を醸し出してほしいと願うからだ。

もっとも現実は「本当に知らなくて、だから知らない顔で聞いている」ことがほとんどなんだけどね。
 

Google

Google

-雑記
-

執筆者:

関連記事

渋滞30キロを抜けて。

ただいま、電波の来ない土山SA。 近江茶飲まねば。

no image

町の中を生きて、商売人。

経営者たるを論じる人は看板の明かりを消すのだろう。商売人の何たるを知る人は看板の明かりは絶やさないだろう。 節電の町を抜けながら、それを思った。 僕は、町を生きて商売人。考え方は色々あるのだろうが、耳 …

散歩。

近所のお宮さんにお参り。

そして誰もいなくなった。

爽快感。

山上リフト。

こわい…

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly