川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

桜の葬列と、たくさんの父と

投稿日:

カレンダーを読める桜の不思議、色々調べていると東京の桜(ソメイヨシノ)の開花日と満開日を紹介しているページを見つけた。戦争のあった頃だけ欠測になっているのは、つまりそういうことなんだろう。

4月2日は父の命日。

鵯越の桜のトンネルをくぐり抜けていく葬列はあまりにも美しく、子どもの日やクリスマス、季節のイベントを大切にした、いかにも父らしい演出だと思った。以来、桜は強烈に僕と父を結び付けていて、薄紅の空を見上げるたびに「やってくれるよねぇ」と父の顔を浮かべている。目尻の皴、父はあの時のまんまに笑っていて。

入院中のNさんから御礼の品が届く。病床にいて色々に指示を出されたことを想像すると、胸が熱くなった。礼儀、律儀、義理。「人ありて」を生きる商売人の姿に、自分の足らずばかりが恥ずかしくなる。あっちにもこっちにも、僕には、いろんな商売の父がいるんだなぁとしみじみ。僕のまだまだ。

Google

Google

-雑記
-

執筆者:

関連記事

瀬戸内の雪だるま、ようやく逢えたね。

朝からの白、感激。 雪だるまって、素手で作るものなんですか? あまりの冷たさに、中途半端な丸ふたつ。 自宅の屋上で、やっと、逢えた。

今日の村上給食。

おかずは飛び出し、くしには『うし』と刻まれて。

大輔にも。

バワーを。 大声で応援中。出たかった、WBC。

最近の神姫バスは。

とてもお茶目で好感が持てます。 企業イメージって、今いる階段を降りると何かが変わり始めますね。見習わなければいけません。

出石皿そば。

食べてこそ旅情。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly