川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]わたくしは水と炭素と少々の存在感で生きております/笹井宏之

投稿日:

わたくしは水と炭素と少々の存在感で生きております
笹井宏之
ひとさらい

昨日歩いた道のどこかで見かけたタンポポの数を僕たちは覚えているわけはなく、それでも、タンポポが咲いていたという事実だけは思い出すことができる。人との関わりもそれに似ていて、相手から見たとき、自分の存在は何百分の一にすぎないけれど、ちゃんと咲いてさえいれば「そういえば」と心の繋がりを辿ってもらうことはできる。影響力を与えたいと相手に自分を誇示せずとも、謙虚に、身の丈に応じた咲き方をすることが、僕が僕をタンポポにする唯一の方法なのだろうな、と思う。

影響力を与えられる人間になりたいと思い込みが過ぎて「自己顕示欲の強いヒト」になってしまってもツマラナイ。それぞれの空の下、それぞれの土の上。

Google

Google

-短歌鑑賞
-

執筆者:

関連記事

[短歌鑑賞]フェイクファー風を含んで湿りだす守りたいのは正しさじゃない/法橋ひらく

フェイクファー風を含んで湿りだす守りたいのは正しさじゃない 法橋ひらく それはとても速くて永い (新鋭短歌シリーズ) べき論をそれっぽい顔をして頷いて聞いている。生きていくっていうことを最優先に考えた …

[短歌鑑賞]あと少しのぼれば空が見えますよ抱きしめているもの捨てなさい/東直子

あと少しのぼれば空が見えますよ抱きしめているもの捨てなさい 東直子(twitter) 十階 短歌日記2007 荷を背負ったままで走りきれるわけがないのに、まるで命よりも重たいものであるかのように抱えて …

no image

穂村弘さん監修の「はじめての短歌」に呻りっぱなし ~穂村弘さんってどんな人?

「短歌で自己表現をしたい」「短歌がもっと上手になりたい」と思う人には最適な教科書であるのは勿論、穂村弘さんならではの文体が読み物としても面白い。それがはじめての短歌。いろんな人に穂村さんの魅力を知って …

[短歌鑑賞]風鈴の思い出しては鳴っているあれはゆうべの星との会話/杉崎恒夫

風鈴の思い出しては鳴っているあれはゆうべの星との会話 杉崎恒夫 パン屋のパンセ 縁側、冷たい水。蝉の声、高校野球の実況中継に団扇の風、時折、風鈴。 夏は空がキーンとしていて、ひとつひとつの景色や音が色 …

no image

[短歌鑑賞]この街が廃墟になっても後ろ手に空を見上げたままなのでしょう/東直子

この街が廃墟になっても後ろ手に空を見上げたままなのでしょう 東直子 十階 短歌日記2007 明石駅に降り立った父は、ホームからお城を望む光景をいたく気に入って、この街に暮らすことを決めたという。お堀が …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly