川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳鑑賞

[川柳鑑賞]痛み止め塗ってもらったちぎれ雲/赤松ますみ

投稿日:

痛み止め塗ってもらったちぎれ雲
赤松ますみ
川柳作家全集赤松ますみ

地球に最接近した火星が月と並ぶというニュース。FaceookやTwitterに、それぞれの場所から見える星たちが並んだ。

見上げて写真を撮れば、空はそれらしい表情をした景色になってくれる。だから、今さら、空を見上げて息を吐くくらいならば、解決のための一歩目を踏み出しなさいという正論があるのも承知はしている。大人の事情で頬を流れたひと筋は、痛くて冷たいのだから、僕は集団を離れた雲の自由にあしたを重ねて、しばらくを過ごすけれど。 

「夕暮は大きな書物だ/すべてがそこに書いてある/始まることや/終わることや―/始まりも終りもしない頁の中に」 – 谷川俊太郎さんの写真ノ中ノ空のなかの一節。赤松ますみさんの句に触れて、僕は谷川俊太郎さんのこの言葉を思い出した。色のある世界に心を奪われながら、無色無形に帰っていく。だから人は、あかね色の空に預けるように涙をこぼせるのかもしれない。

Google

Google

-川柳鑑賞
-,

執筆者:

関連記事

no image

【川柳鑑賞】掌に掬った港船が出る   河? 誠太郎

小さな港町。  掌におさまるほどの景色、繰り返されるのはきっと同じ営み。これまでも、これからも、ずっと、ずっと。 高台から見渡す日常。  「こんなのも、いいな」、と、作者、ひとり。 船はいつもの音をた …

[川柳鑑賞]コーヒーの苦さ嬉しい時もあり/倉間しおり

コーヒーの苦さ嬉しい時もあり 倉間しおり かぐや―川柳少女の十五の夜 倉間しおりさんは15歳で句集を出版された川柳界注目の少女。「ゼロという数字に目鼻書いてみる」「枯れ枝は何を求めて手を空へ」「ひとり …

[川柳鑑賞]遠い日の転がって来るラムネ玉/長浜美籠

遠い日の転がって来るラムネ玉 長浜美籠 三省堂現代女流川柳鑑賞事典 回顧する夏の日を象徴するのはラムネ瓶。舌に触れるビー玉を押し戻して汗になった分を補給した、あの駄菓子屋はもう、小奇麗な民家になってし …

no image

【川柳鑑賞】オーダーをしてからメニューまだ見てる   杉山 ひさゆき

つまり庶民って奴です。 だから、背伸びしなくっていいのです。平凡です。 幸せです。 ===  【鑑賞】オーダーをしてからメニューまだ見てる   杉山 ひさゆき     ふあうすと2007年09月号   …

no image

【川柳鑑賞】空青い哀しいまでに白い鳥    河? 誠太郎

小僧さんから寄せていただいた川柳を、鑑賞させていただきました。 ===  空青い哀しいまでに白い鳥  街の川金魚一匹彷徨って 青と白のコントラスト、街の川を悠々と泳ぐ赤。 ほんとうは、そこに「広さ」と …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly