川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]夕空が鳥をしずかに吸うように君の言葉をいま聞いている/大森静佳

投稿日:

夕空が鳥をしずかに吸うように君の言葉をいま聞いている
大森静佳(twitter)
歌集 てのひらを燃やす (塔21世紀叢書)

第39回現代歌人集会賞、第20回日本歌人クラブ新人賞、第58回現代歌人協会賞とトリプル受賞をされた大森静佳さん。僕の好きなアーティストである一青窈さんが、敬愛する詩人の一人として名前を挙げている方でもある。こういう繋がり方は嬉しい。

17文字の川柳や31文字の短歌。それは無駄が削ぎ落とされて残った言葉に、瞬間の情景や香り、音や温度といったすべてが凝縮される短詩文芸。読み手は「止まった世界」に自分を重ねて、「それからの時間」に想像を膨らませる。正確な解釈は存在せず、委ねられて描く自由によってそれぞれのドラマが動き始める。

鳥の帰っていく真っ赤な空のした、2人は夢や未来を語りたがる。そして、同じくらいに抱く(ずっと続くのかな)という不安は口にできないでいる。耳に落ちてくる言葉に自分の影が在るのかどうか、その確かな複数形を探して一喜一憂を繰り返したのが、僕の青い日々、赤い空、白い未来を想ったテトラポッドの記憶。

鳥たちはしずかに吸われ、舟たちは遠慮がちに沖を目指した。月は僕たちの、どんな話を憶えているだろう。

Google

Google

-短歌鑑賞
-

執筆者:

関連記事

[短歌鑑賞]多すぎる言葉を払い落したらきれいな空が広がっていた/中畑智江

多すぎる言葉を払い落したらきれいな空が広がっていた 中畑智江 同じ白さで雪は降りくる (新鋭短歌シリーズ15) 「愚痴なら聞くよ」「ほんと?」 ところが不幸話には、お互いの不幸が重なり始めてしまう。「 …

no image

[短歌鑑賞]降りだせる雨に気づけるきみを見て恋の終わりを予感しており/小島なお

降りだせる雨に気づけるきみを見て恋の終わりを予感しており 小島なお サリンジャーは死んでしまった クロージングやデート。 自分の話にだけ集中させるときは、自分が壁側の席に座って、相手には自分と壁だけが …

[短歌鑑賞]たくさんの孤独が海を眺めてた等間隔に並ぶ空き缶/木下龍也

たくさんの孤独が海を眺めてた等間隔に並ぶ空き缶 木下龍也 つむじ風、ここにあります ソチ五輪のフィギュアスケートで日本男子初の金メダルに輝いた羽生結弦選手の活躍は見事だった。 華やかな舞台、栄冠。その …

[短歌鑑賞]ならべるとひどいことばにみえてくる頑張れ笑え負けるな生きろ/岡野大嗣

Amazonでサイレンと犀を購入すると、特典に安福望さんのポストカードがついてきた。安福望さんはこの本の装画と挿し絵を描いている方で、神戸の西の方、多分きっと明石に近いところに住んでいると思われる。 …

[短歌鑑賞]フェイクファー風を含んで湿りだす守りたいのは正しさじゃない/法橋ひらく

フェイクファー風を含んで湿りだす守りたいのは正しさじゃない 法橋ひらく それはとても速くて永い (新鋭短歌シリーズ) べき論をそれっぽい顔をして頷いて聞いている。生きていくっていうことを最優先に考えた …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly