川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]夕空が鳥をしずかに吸うように君の言葉をいま聞いている/大森静佳

投稿日:

夕空が鳥をしずかに吸うように君の言葉をいま聞いている
大森静佳(twitter)
歌集 てのひらを燃やす (塔21世紀叢書)

第39回現代歌人集会賞、第20回日本歌人クラブ新人賞、第58回現代歌人協会賞とトリプル受賞をされた大森静佳さん。僕の好きなアーティストである一青窈さんが、敬愛する詩人の一人として名前を挙げている方でもある。こういう繋がり方は嬉しい。

17文字の川柳や31文字の短歌。それは無駄が削ぎ落とされて残った言葉に、瞬間の情景や香り、音や温度といったすべてが凝縮される短詩文芸。読み手は「止まった世界」に自分を重ねて、「それからの時間」に想像を膨らませる。正確な解釈は存在せず、委ねられて描く自由によってそれぞれのドラマが動き始める。

鳥の帰っていく真っ赤な空のした、2人は夢や未来を語りたがる。そして、同じくらいに抱く(ずっと続くのかな)という不安は口にできないでいる。耳に落ちてくる言葉に自分の影が在るのかどうか、その確かな複数形を探して一喜一憂を繰り返したのが、僕の青い日々、赤い空、白い未来を想ったテトラポッドの記憶。

鳥たちはしずかに吸われ、舟たちは遠慮がちに沖を目指した。月は僕たちの、どんな話を憶えているだろう。

Google

Google

-短歌鑑賞
-

執筆者:

関連記事

no image

[短歌鑑賞]この街が廃墟になっても後ろ手に空を見上げたままなのでしょう/東直子

この街が廃墟になっても後ろ手に空を見上げたままなのでしょう 東直子 十階 短歌日記2007 明石駅に降り立った父は、ホームからお城を望む光景をいたく気に入って、この街に暮らすことを決めたという。お堀が …

[短歌鑑賞]かの時に言ひそびれたる大切の言葉は今も胸に残れど/石川啄木

かの時に言ひそびれたる大切の言葉は今も胸に残れど 石川啄木 一握の砂 血圧や呼吸、心拍を伝える集中治療室のモニター。僕たちは父の顔をみて危機を知ったのではなく、赤くなった数字の色と響き渡る電子音によっ …

[短歌鑑賞]風鈴の思い出しては鳴っているあれはゆうべの星との会話/杉崎恒夫

風鈴の思い出しては鳴っているあれはゆうべの星との会話 杉崎恒夫 パン屋のパンセ 縁側、冷たい水。蝉の声、高校野球の実況中継に団扇の風、時折、風鈴。 夏は空がキーンとしていて、ひとつひとつの景色や音が色 …

no image

[短歌鑑賞]忘れてはならぬ何かを念のため記したはずのあのメモがない/小島ゆかり

忘れてはならぬ何かを念のため記したはずのあのメモがない 小島ゆかり 純白光 短歌日記2012 忘れっぽい人のことを集中力や意識の問題だと決めつけていた時期があった。心身の不調で、辿ることのできない記憶 …

[短歌鑑賞]さみしくて見にきたひとの気持ちなど海はしつこく尋ねはしない/杉崎恒夫

さみしくて見にきたひとの気持ちなど海はしつこく尋ねはしない 杉崎恒夫 パン屋のパンセ 作者の杉崎さんは大正8年生まれ。2009年に亡くなってしまわれたが、この歌は70代か80代の頃に詠まれたものだそう …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly