川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]新しい朝が来たけど僕たちは昨日と同じ体操をする/木下龍也

投稿日:

新しい朝が来たけど僕たちは昨日と同じ体操をする
木下龍也(twitter)
つむじ風、ここにあります

新しい朝という言葉には、普通、エネルギーに満ちた気配が伴う。「だからこれを始めよう」「生まれ変わったつもりで取り組んでいこう」。

ところが、昨日と同じ体操を繰り返すという響きによって、新しい朝は途端に気怠くて空しい灰色に染められてしまう。日常が日常として変化を見せない様式を「体操」という一言に集約して、生きることはスタンプを押すような毎日であると嘆く。たとえ太陽が眩しくても。

大切な何か(――ヒトやモノという、それぞれに価値のあるもの)を失って、大きな穴が空く、千切れる。焦点の定まらない眩暈に茫然と過ごしても、ニュースキャスターはいつものように日常を伝えて、明日も暑くなりそうだと言って番組を終える。ひとりが直面した大きな喪失は、日常という大きな流れの前に細く小さく、凹みのない仮面を用意して立ち上がっていくことを余儀なくされる。関わり合う生き方のなかで、それは必要な振る舞い方の一つ。

ただ、ほんの。

いつもとは違う、肩の回し方や背伸びの運動に、気付いてくれる人がいないわけでもない。優しさを引き出す気怠さは、きっと甘え。それでも、そんな計算や期待が微かにあって、かろうじて体操は繰り返していけるのではないだろうか。

Google

Google

-短歌鑑賞
-

執筆者:

関連記事

no image

[短歌鑑賞]そのゆびが火であることに気づかずに世界をひとつ失くしましたね/笹井宏之

そのゆびが火であることに気づかずに世界をひとつ失くしましたね 笹井宏之 え-えんとくちから 「人それぞれ」とお題目のように唱えるようになって、異なる考え方や価値観を敵対視せず受け流すことができるように …

no image

[短歌鑑賞]知り合いの勝手に動く掃除機を持っていそうな暮らしをおもう/吉田恭大

知り合いの勝手に動く掃除機を持っていそうな暮らしをおもう 吉田恭大 短歌研究 2013年11月号 スタートラインは同じだった同級生たちも、今は方向も速度もそれぞれで、その場所から見える景色を教えてほし …

[短歌鑑賞]自殺者の三万人を言いしときそのかぎりなき未遂は見えず/吉川宏志

自殺者の三万人を言いしときそのかぎりなき未遂は見えず 吉川宏志 燕麦―吉川宏志歌集 (塔21世紀叢書) 新しい看板のまま、もう、営業をしている気配のないお店。 出来てすぐに潰れた場合もあれば、最後の最 …

no image

[短歌鑑賞]忘れてはならぬ何かを念のため記したはずのあのメモがない/小島ゆかり

忘れてはならぬ何かを念のため記したはずのあのメモがない 小島ゆかり 純白光 短歌日記2012 忘れっぽい人のことを集中力や意識の問題だと決めつけていた時期があった。心身の不調で、辿ることのできない記憶 …

no image

穂村弘さん監修の「はじめての短歌」に呻りっぱなし ~穂村弘さんってどんな人?

「短歌で自己表現をしたい」「短歌がもっと上手になりたい」と思う人には最適な教科書であるのは勿論、穂村弘さんならではの文体が読み物としても面白い。それがはじめての短歌。いろんな人に穂村さんの魅力を知って …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly