川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]新しい朝が来たけど僕たちは昨日と同じ体操をする/木下龍也

投稿日:

新しい朝が来たけど僕たちは昨日と同じ体操をする
木下龍也(twitter)
つむじ風、ここにあります

新しい朝という言葉には、普通、エネルギーに満ちた気配が伴う。「だからこれを始めよう」「生まれ変わったつもりで取り組んでいこう」。

ところが、昨日と同じ体操を繰り返すという響きによって、新しい朝は途端に気怠くて空しい灰色に染められてしまう。日常が日常として変化を見せない様式を「体操」という一言に集約して、生きることはスタンプを押すような毎日であると嘆く。たとえ太陽が眩しくても。

大切な何か(――ヒトやモノという、それぞれに価値のあるもの)を失って、大きな穴が空く、千切れる。焦点の定まらない眩暈に茫然と過ごしても、ニュースキャスターはいつものように日常を伝えて、明日も暑くなりそうだと言って番組を終える。ひとりが直面した大きな喪失は、日常という大きな流れの前に細く小さく、凹みのない仮面を用意して立ち上がっていくことを余儀なくされる。関わり合う生き方のなかで、それは必要な振る舞い方の一つ。

ただ、ほんの。

いつもとは違う、肩の回し方や背伸びの運動に、気付いてくれる人がいないわけでもない。優しさを引き出す気怠さは、きっと甘え。それでも、そんな計算や期待が微かにあって、かろうじて体操は繰り返していけるのではないだろうか。

Google

Google

-短歌鑑賞
-

執筆者:

関連記事

no image

[短歌鑑賞]トングにて肉の赤きを返しつつこの四半期をねぎらわれおり/松村正直

トングにて肉の赤きを返しつつこの四半期をねぎらわれおり 松村正直(blog) 午前3時を過ぎて (塔21世紀叢書) 空想であるのもリアルであるのも詩歌は自由。この歌はリアルそのもので、肉を焼く音やビー …

[短歌鑑賞]フェイクファー風を含んで湿りだす守りたいのは正しさじゃない/法橋ひらく

フェイクファー風を含んで湿りだす守りたいのは正しさじゃない 法橋ひらく それはとても速くて永い (新鋭短歌シリーズ) べき論をそれっぽい顔をして頷いて聞いている。生きていくっていうことを最優先に考えた …

[短歌鑑賞]さみしくて見にきたひとの気持ちなど海はしつこく尋ねはしない/杉崎恒夫

さみしくて見にきたひとの気持ちなど海はしつこく尋ねはしない 杉崎恒夫 パン屋のパンセ 作者の杉崎さんは大正8年生まれ。2009年に亡くなってしまわれたが、この歌は70代か80代の頃に詠まれたものだそう …

no image

[短歌鑑賞]忘れてはならぬ何かを念のため記したはずのあのメモがない/小島ゆかり

忘れてはならぬ何かを念のため記したはずのあのメモがない 小島ゆかり 純白光 短歌日記2012 忘れっぽい人のことを集中力や意識の問題だと決めつけていた時期があった。心身の不調で、辿ることのできない記憶 …

[短歌鑑賞]三月の十日の新聞手に取れば切なきまでに震災前なり/中村偕子

三月の十日の新聞手に取れば切なきまでに震災前なり 中村偕子 変わらない空 泣きながら、笑いながら 東日本大震災を経験した五十五人の共著である短歌集変わらない空 泣きながら、笑いながらを読んだ。どの歌も …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly