川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

刺激と学びと気付きの三原則 〜プレイヤーの沈黙、マネジャーの退き際

投稿日:

朝から事務所にこもる。

外出がなければ事務仕事が捗るし、社内でのコミュニケーションも取れる。一方、外に出なければ数字が伴わず、月末ならではの苦しさに襲われたりもする。小さい会社だからプレイヤーとして動くことは当然でも、それを当然にしているから、いつまでも同じ嵐に佇たねばならないとも言える。卵が先か鶏が先か、やるべきこととやってはならないこと。

事務所にいて、メンバーの仕事振りを観察する。電話の対応、質問してくる内容、メモの取り方、問いかけへの反応と理解。考え方を理解してくれているからこその早さと、話しかける内容に慣れてしまったからこその緩さがあるのだろう。リーダーが同じままでは組織が硬直化するという意味を改めて考えた。マネジャーにとって退き際の美学とは何か。

刺激と学びと気付きの三原則

月末の入金処理を終えて、夜、勉強会に参加中。「刺激と学びと気付きの三原則」と僕は呼んでいて、これらの言葉で締めくくる勉強会では、大抵、その気になってしまって行動に移せていないことが多いように思われる。

何を、いつまでに、どんな風にやるか。

そうでなければ、絵に描いた餅で美味しくないということ。この初心はいつまでも忘れずにいたいと思う。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

陽炎燃え立つ。

もう、夏の真ん中。 汗が止まりません。日陰で風を待っています。

本日の村上給食(写真付き)

今日も見た目では何かわからないオカズが一品。これで380円です。 皆さんのところはいくらでしょうか?

テーブルマナー講習会。

社長さんの社長さんによる社長さんのための。 緊張しまくっております。お腹いっぱいになるかな。

no image

5万人に見つめられる4月。

コピーライターばたさん。4月、某スポーツジムの新聞オリコミちらしのコピーを担当いたしました。 リニューアルオープンするそのジムに 『新“爽快”店』 というコピーを思いついたときは自分は天才ではないかと …

no image

リレー・フォー・ライフに賛同しています。

癌って本当に怖い病気ですけど、(いろんな意味で)本当に身近な病気であるとも言えるのではないでしょうか。  癌がわかって、手術ができなくて・・・。   薬がかわって、副作用がでて・・・。 そのたび、その …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly