川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記 雑記

アヒルたちに学ぶ差別化のための自己開示

投稿日:

ベンチに座って遠くを眺めているだけで、アヒルたちは期待の顔をして近付いてきてくれる。

ベンチに座るのは、何かを与えてくれる優しい人たちだということを知っているのだろう。あいにく、何も持ち合わせていないことを申し訳なく思う。

しばらくして、少し離れたベンチの人にパンをもらうことを決めたらしい彼ら(彼女ら)。愛嬌ある癒しの姿で、生きるためのパンを得ていく姿は見事だ。

売るのではなく、選ばれるということ

パンを得る目的があったとしても、下心を顔にして、遠く離れたところにいては彼らの想いが届くことはない。懐に飛び込んで、積極的に自分を開示しようとする姿に心は動かされる。

ましてや、その純朴な表情である。他を蔑むことはなく、牙を剝いてくるわけでもない。自分だけを際立たせようとする差別化の自意識は、かえって疎外されてしまうということを人間に教えてくれているようにも思える。

選ばれるということは、他を蹴落とすことではないのだ。

発信と交流の時代、言葉を選ぶ重要性

二つのフレーズを並べてみる。

「あの会社はこういうところが劣っていますから。だからウチを選ばれた方がお得ですよ」
「あの会社の商品を選ばれる方は多いですよ、さすが、よく研究されていますね」

僕たちがお客さんの立場になったとき、偏りのない情報を与えてくれると感じるのはどちらだろう? 携帯のメモリにどちらかを友人として登録しなければならないとき、選びたいのはどちらだろう?

「売る」ためには「選ばれる」プロセスが必要である。そこを飛ばして、価値を伝えようとしても、売り文句だけの並んだ単なる作文になってしまう。「発信の必要性」という言葉に焦って他を蹴落とす武器を手にすれば、かえって自分の価値を下げてしまうということに、そろそろ気付いていかなければならないのだろう。

パンを貰い終えたアヒルたちが、戻ってきて昼寝を始めた。どうやら僕の近くで寝ることは安心であると彼らに選んでもらえたようで、ホッとしている。

Google

Google

-業務日記, 雑記
-,

執筆者:

関連記事

no image

憧れの人に出会えて、元気。

ふあうすと川柳大会では、1句、入選。 誰の記憶にも懐かしい、そんな想いを込めて作った句。選者の方にそれが通じて、選んで貰える瞬間が、句会の醍醐味。 また、言葉を添えたものを、この場所でも聞いていただけ …

no image

名古屋にて。

特急飛び乗りました。 確かに満席でしたが、ばらばらで座ることが出来ました。汗だく。

リハビリ中。

@整形外科 背中と腰に痛みが出てきました。単なる老化と言われたらどうしようかと思いましたが事故と関係あるそうです。 首を伸ばしてもらって、今は赤外線でぽかぽか温め中。

Windows Live Writerが便利すぎて泣けた。

タグでホームページをいじってた人間ですもの。 この手のソフトって何となく敬遠していたのに、便利すぎて泣けた。 いつもと違う環境で書いているので、なんとなく文体も変わってしまいそう(汗) 地図も挿入出来 …

no image

つまり、渋谷は、神戸の六甲山だ

【神戸らしさ】 pic.twitter.com/jNxXrXwA0u — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年1月29日 海と山とがこんなに近い小さな街で、毎日、いろんな …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly