川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記 雑記

アヒルたちに学ぶ差別化のための自己開示

投稿日:

ベンチに座って遠くを眺めているだけで、アヒルたちは期待の顔をして近付いてきてくれる。

ベンチに座るのは、何かを与えてくれる優しい人たちだということを知っているのだろう。あいにく、何も持ち合わせていないことを申し訳なく思う。

しばらくして、少し離れたベンチの人にパンをもらうことを決めたらしい彼ら(彼女ら)。愛嬌ある癒しの姿で、生きるためのパンを得ていく姿は見事だ。

売るのではなく、選ばれるということ

パンを得る目的があったとしても、下心を顔にして、遠く離れたところにいては彼らの想いが届くことはない。懐に飛び込んで、積極的に自分を開示しようとする姿に心は動かされる。

ましてや、その純朴な表情である。他を蔑むことはなく、牙を剝いてくるわけでもない。自分だけを際立たせようとする差別化の自意識は、かえって疎外されてしまうということを人間に教えてくれているようにも思える。

選ばれるということは、他を蹴落とすことではないのだ。

発信と交流の時代、言葉を選ぶ重要性

二つのフレーズを並べてみる。

「あの会社はこういうところが劣っていますから。だからウチを選ばれた方がお得ですよ」
「あの会社の商品を選ばれる方は多いですよ、さすが、よく研究されていますね」

僕たちがお客さんの立場になったとき、偏りのない情報を与えてくれると感じるのはどちらだろう? 携帯のメモリにどちらかを友人として登録しなければならないとき、選びたいのはどちらだろう?

「売る」ためには「選ばれる」プロセスが必要である。そこを飛ばして、価値を伝えようとしても、売り文句だけの並んだ単なる作文になってしまう。「発信の必要性」という言葉に焦って他を蹴落とす武器を手にすれば、かえって自分の価値を下げてしまうということに、そろそろ気付いていかなければならないのだろう。

パンを貰い終えたアヒルたちが、戻ってきて昼寝を始めた。どうやら僕の近くで寝ることは安心であると彼らに選んでもらえたようで、ホッとしている。

Google

Google

-業務日記, 雑記
-,

執筆者:

関連記事

no image

昔懐かしの日記を披露してしまう暴挙。

昔のばたさんの日記から印象深い表現をピックアップしてみようのコーナー。 ===2004/08/25 昔、ばたさんも近所のお地蔵さんで遊んでいたところ、首が“ドスン”と落ち、さらに“ゴロン”と転がってい …

?(はてな)を自分に向けられるかどうか会議。

チラシとパンフレットは違うのです。 パンフレットは書きたいことを全部書けばいい。でも、チラシは、見る側に「見ない自由」があります。 だから、まず、どうやったら「見て貰えるか」ということを考えなくちゃい …

5杯目を飲みつつ。

一緒に写真撮影してもらった。すでに汗だく。

Coccoコンサート。

於、神戸国際会館。 チケットが余ったとのことで、誘っていただきました。髪のある人のコンサートは久々であります。

大阪に移動。

この駅のホームには思い出深い立ち食いうどん屋さんがあるのです。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly