川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

CHAGEandASKAと岩松大樹選手と ~美しいお辞儀の仕方に思うこと

投稿日:

CHAGEandASKAについて、サッカーの元日本代表・岩松大樹選手が語ってくれた。

「コンサートの最後に、スタッフの名前が映画のイントロのように羅列されていきます。その最後は決まって『僕たちの音楽を愛するあなた達』と書かれています。僕はコンサートにおける、お2人のファンに対する接し方や感謝の表し方に、いつも自分を改めさせてもらっていました」とその影響力を熱く伝えている。

引用元:元日本代表・岩政大樹、あえて今“チャゲアス愛”語る「書かないのは逃げてるようで嫌」 (CHAGE and ASKA) ニュース-ORICON STYLE-

愛犬を失ってからしばらくは、犬のことを語る人たちがとても羨ましく思えた。大好きなアーティストが逮捕されてからは、やっぱり同じように羨ましくて切ない気持ちに支配され続けた。事実は事実、保釈されて警察署前で一礼するASKAさんの映像を、不思議な気持ちで僕は眺め続けた。

僕はASKAさんのお辞儀の仕方が大好きだ。会場に来ている一人一人の顔を自分の瞳に焼き付けて、それから一人一人の心の奥に感謝を届けるように一礼をする。剣道や親御さんの厳しい躾によって培われたのであろうその凛とした姿に、僕はずっと憧れを抱き続けている。僕の父親が亡くなって、その告別式の挨拶を終えたときにしたのはASKAさんを真似たお辞儀の仕方だった。それくらい、の、憧れだった。

署の前で見せたお辞儀は、残念ながらいつもの「感謝」ではなくて「お詫び」だったけれど、やっぱりその姿は美しくて、今にも歌いだすのではないかと錯覚したくらいだ。僕はとことんチャゲアス馬鹿で、今はもう純粋に、闇と誘惑との関係を断ち切ってもらって、健康なままにステージに戻ってきてもらいたいと願っている。汚れることだってあるだろう、それが人生で、そんな人生だからこそ創り出せる言葉やメロディもあるのだと信じてる。

あなたたちの音楽を愛する僕達、だから、これまで通りの想いでずっと。

Google

Google

-雑記
-

執筆者:

関連記事

今日は穏やかな瀬戸内海。

ジョギングの楽しい穏やかな天気。 途中の木々に目をやると、固い蕾が春待ち顔で。いい感じです。

no image

淋しいニュースだよ、いつも母校の風にいて。

コンサートは、やっぱり最高だった。自分の物差しを持って生きていたいと思う。 万人に理解される考えなど、存在しない。自分は自分であれ。 コンサートが終わって、母校の悪いニュースが飛び込んでくる。 電話や …

マラソンに音楽に、いろんな挑戦充実してる

本番2日前に新しい曲を演ることが決まってアタフタするのも楽しいわけで。4時間ぶっ通しで練習中、さすがに腕と手首がくたびれた。 レベルの高い人に引っ張られていく感覚がたまらなく好き。先週はマラソン、今週 …

no image

抹茶フラペチーノへの、遙かなる想い。

アメリカのスタバでは、オーダーのときに名前を聞かれるらしい。日本も同じシステムにしてくれたら「抹茶フラペチーノをお待ちのお客様~」と呼ばれては(やだあの人、抹茶フラペチーノなのね)などと思われているの …

no image

本音の話せる場所、共通の敵

本音の話せる場所っていうのは、同じ場所にいるということではなくて、同じ場所にいて、どんな風に同じ荷物を背負ったかどうか。その経験なんじゃないかなぁって思う。構えてるだけじゃダメで、抱えてみる。その能動 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly