川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

自分の表現や発信が他を蔑んでいないか傷付けていないか想像する方法

投稿日:

差別化について語るとき、僕は必ず他を蔑んではいけないという話をする。自分よりも劣るものを前に出して「あれと比べればこちらはこんなに優れている」という話をせずとも、ちゃんと自分の想いを伝える。自分たちの関わることによる変化を物語にして表現する。それだけで相手はもう、想像力を自然と働かせてくれるということについて何度も。

他を蔑むことが差別化なのだとすれば。 | コトバノ

特長と特徴の違い、使い分けについて ~差別化のためにしてはいけないこと | コトバノ

ところが「蔑んだり悪口を言ってはならないということはわかった。ただ、悪意なく他を否定して攻撃してしまう可能性も否めず、言葉は難しいと思う」ということもよく聞かれて、なるほどと思う。たとえば僕が今こうして書いていることは、特定の誰か何かを思い浮かべているわけではない。それでももしかすると(あいつは、Aさんのことを浮かべて書いているに違いない)と思う人もいるかもしれない。悪意なくとも他を傷付けてしまう可能性は、表現をしていけば起こり得ることで、その関わりに疲弊して表現や発信を継続することを挫折してしまった人も多いのではないかと思う。

表現や発信が他人を傷付けていないか想像する方法

school2

自分の表現や発信が他人を傷付けていないか想像する方法の一つとして、表現の対象となる本人のお子さんが、次の日学校に行ったらどんな風にクラスメートに言われるかをイメージするようにしている。

表現や発信が他を傷付けていないか想像するために、表現の対象となるそのお子さんがクラスメートにどんな風に言われるかをイメージする

たとえばブラック企業という言葉がある。その仕事の内容を助長するつもりはないが、ブラックと言われる企業で働く父や母を持つ子どもは学校でどんな風に言われるのだろう?「お前のお父さん、ブラック企業で働いてるらしいな」。食べると身体に良くないとされる食材を育てている農家の子どもは何と言われるのか?「君の家で育てているものを食べたら、病気になってしまうって本当?」

内心に思想の自由があって、表現の自由は認められている。だから僕たちは、誰かを傷付けないために想像や道徳という意識と概念でしか自衛することはできないわけだけれど、そのとき、対象のその先にいる誰か(この場合は本人のお子さん)を具体的にイメージすれば、言葉は少しだけ丸みを帯びて、人に届く、世の中を変えようとする働きになるのではないかと考えている。

武器にもなれば、優しさの薬にもなるのが言葉のチカラ。表現は心に届く、良くも悪くも。

配慮に満ちた言葉が温度の伴った論となり、変化への最短距離となっていく。僕はそのチカラを信じて、言葉を紡いでいきたいと思う。明日の誰か同士の、教室のなかでの会話を想像して。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

ハーブティー。

Oさんにいただいたハーブティー。 早速今からいただきます。ありがとうございます。

僕は誰とでも仲良くすることの出来る高校生だった。

久々の長距離ジョギングで、自宅(大蔵谷)と母校(明石城西高校)を往復。 途中、岩井寿商店の天使から、コーヒーを差し入れていただいた。感謝。このコース、病み付きになる(汗) 帰宅して、筋肉痛。 「大丈夫 …

no image

あした、また、誰かに出会える名刺でありますように。

毎日、「有り難しありがとう」という呪文を唱えています。 マニュアルに書いてあるからありがとうなのではなく、本来「有る事難し」ゆえの感謝の気持ち「ありがとう」。意味を考えながらこの言葉を口にすると、相手 …

no image

鳴り止まぬミサイル。

秋になれば本を読みたくなり、秋になれば秋刀魚を食べたくなる。 穏かに過ごしていきたい時間の中に、攻撃が繰り返されるとひとは、簡単に疲弊してしまう。 携帯は、がしゃっと音を立てて、床に転がった。

名古屋に来ています。

全国ツアー初日、そして千秋楽。 きしめんに会いに来ました。食わねば!

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly