川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

7月危機がやってきた、ピンチはチャンスの裏返し

投稿日:2014年7月18日 更新日:

経営者になって10年目のスタート、7月。毎年大きなトラブルは7月に起こっているような気がする。今年はどうだろうと思っていたら、やっぱり今年もずどーーーんと来た。重たい。

[短歌]あなたなら大丈夫って言われてはそれ相応の仮面の出番 | 短歌と川柳とマカロニと

これまでは一度も赤字にすることなくなんとかやってこれたけれど、今回のこれは経営基盤を揺るがす出来事で、早急に対策を立てなければ行き詰まってしまう。最悪の事態を想定して最善の努力をするというのがいかにも神経質な僕のやり方、そんな僕でもこの事態がこの夏にやってくるとは想像もしていなかった。

そして精神的な余裕がなくなると、次のミスを誘発する。悪循環。

7月はイベント3つに労働保険の手続き、そして決算処理とイレギュラーな出来事が連続している。緊張が連続していると案外ミスはしないものだけれど、(もうすぐ本番でようやく解放される)という油断は、やっぱり僕に新しい課題を突きつけてくるらしい。

物事は表裏一体。ピンチはチャンスの裏返しだと思えば、今できることがあるはず。「これをやるぞ」と伝えていて、なかなか動き出していなかったことの数値目標と日付を定める。もう言い訳は許さない、許されない。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

朝が来て、昼が過ぎ、桜に散って欲しくない。

通夜や葬儀に来ていただいたり、弔電を送っていただいたり。メールをいただいたり、お電話をいただいたり。 いろいろ、ありがとうございました。 この人に御礼のご連絡はして、こちらにはしていない・・・ となっ …

no image

秋の夜長は息を吸うように活字ヨム。

これで満たされているのよっしーさんからデートのお誘いをいただきました。 JR元町駅で待ち合わせて、綺麗な空気の場所「こなな」でパスタ。赤提灯専門なので、実年齢(?)相応の新しいお店を教えて貰えると、す …

大阪の空にも秋が泳いで

お盆休み前の最後の打ち合わせは大阪へ。ここからはしばらく事務仕事とライティングに集中する。 コンクリートの街の体感温度は神戸や明石と比較して高く、バテそうになるのだけれど、見上げるたびに秋の気配があっ …

同友会の仲間と過ごす深夜の時間、コンビニ前の猫は希望を見上げて

同友会の青年部、仲間たちと深夜2時過ぎまで会議。 出し合うアイデアの向かう方向は「誰に、どうなってほしいか」。ターゲットを決めて、その人の持って帰るお土産をイメージする。思考のプロセスは商売と同じ。 …

no image

生まれられなかった、だけど、生きたことを。

繰り返し震える携帯電話。 メールを読み、すぐに電話をかける。 それは、予定よりかなり早めの出産と、天国への旅立ちを告げる2つの命の物語。 複雑な思いと寂しさの中で、手続きの流れを調べてやってメール。励 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)