川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

良く言えば、それは信念。悪く言えば、それは頑固。

投稿日:2014年7月27日 更新日:

「直接的ではなくても、行間に悪口や蔑む言葉を使っては同じだよ」と伝えようと思うこの言葉だって、論にして書いてしまえば「お前が何を偉そうに」ということになる。だから結局「人それぞれ」といつものお題目でその場を迂回して通っていくのだけれど、程なくして炎上している話が耳に飛び込んでくると「うーん」という気持ちになってしまう。

残酷に見える優しさと、優しそうに見える残酷さがあって、本当の優しさを受け入れるためには扉を開いておく必要がある。自己顕示欲が強くてプライドの高い僕は、周囲から最大の配慮をしてもらっていることがわかっていて、頑なに扉を開こうとしない。長い目で見れば損をすることになると、わかっているのにね。

良く言えば、それは信念。悪く言えば、それは頑固。

いろんな炎上や距離感、遠近の幾つかを眺めていて思うところはあるのだけれど、言い出せず改められずの悶々とした時間。人と関わることも関わらないことも難しいなぁとそんなことを考えて日々を過ごしている。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

夜の明石海峡大橋(動画)

動画を見るわかりますか??

no image

トレンドに敏感な、身体のパーツ。

眠れないまんま、気付いたらもう6時! 今日は昼から、NTTの工事。ようやく我が家も光に繋がることに、さて、何か生活に変化はあるのかどうか。 お寺に連絡して、3月末に一周忌のお願いなど。 去年のこの時期 …

長崎・壱岐「山桜」。

今日も焼酎。 さわやかでやわらか。基本的に麦焼酎が好きです。

no image

病院に「つながれて」旅立つのではなく。

「管(くだ)を外しますか、それとも繋いだままにしておきますか」 医師は辛い選択を迫る。おじいちゃんは、もうすぐ旅立とうとしている。 夏に倒れて以来、意識が戻ることなく病院に「繋がれた」ままであった祖父 …

no image

離れていくことには、自分に原因があると決めると謙虚になれる

大きな船が多くの荷物を積んで何処かへ向かう。沈まないと思った誰かの知恵や技術はもちろん、送る側にも送られる側にも経済を回してつなぐすごい人たちがたくさんいる。「自分はすごい」と驕りを持って勘違いしてし …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly