川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

同じ未来に臨むなら、どれだけの準備をしてその場に向かうべきなのだろう

投稿日:

「自分ならこんな風に議事を進めるし、あんな風な決め方は絶対しない。ダメダメだな、この会議」- 自分との相性だけで会議に臨んでいたのも今は昔。最近は色々な方の考え方を客観的に眺められるようになった。

自分ならこうするという仮説を持って臨めば、差異が意識できて面白い。仕事と同じで、受身や義務感だけで参加していては駄目だということだろう。居心地の良い共感もあれば、真逆の場合もある。その真逆に感情的にならずに咀嚼できれば、自分の経験値はあがる。筋肉の超回復と似ているのかもしれない。

自分より年下の人の通夜式に参列したのは初めての経験だった。血の繋がりのあるご家族の無念を思う。そんなことがあったから余計に、時間の価値を考えさせられた。人の生き方から与えられることの最大は、時間の使い方なのではないか。同じ未来に臨むなら、どれだけの準備をしてその場に向かうべきなのだろう。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

体調不良。

食中毒以来、いまいち体調が優れず、この週末はのんびり過ごしています。息苦しくなるくらい胃が痛むことも。 明日は内科の田中先生とお会いする予定があるので、相談してきましょうか。

歌にも詠まれたこの場所で。

親父シャツは、まるで冷えていない水分補給のため、やる気を失っています。 ポニョ。言い訳だよね。

スーパー銭湯。

ゴルフ場の中にある銭湯です。休憩室で高校野球を見ています。 「日大山てなんや?鳥取代表か?」 隣のおばちゃん。 それは「だいせん」ではありません。日大山形です! 生まれてはじめてアカスリも体験しました …

明石子午線どんとこいおどり。

『ときめいてひとおどり』だ、そうです。

空は青く、海は広く…神戸港。

納品に参りました。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly