川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

傷付きやすい人の心を想像することが出来ないのであれば、傷を付けやすい自分の言動であることを自覚する

投稿日:

ひとりの命が失われて、手のひらの翻る音が聞こえた。

言論の自由はひとを裁判官の顔にして、逮捕の事実だけで有罪にしてしまうこともあれば、棚の上に僕たちを置いて正論の風を吹かせることもある。

度が過ぎてナイフになった言葉は、束になって心を殺していく。性質の悪いことにこのナイフは、投げた瞬間はそれだとは気付かず、また、どうせ届くことのない紙飛行機程度のものだと誤認されている。いつもそう、誰かが傷付いて、倒れて、刃だったのだと知る。けっして自分は投げていないのだという顔をして。

批判ばかりしている人が、批判で殺した人たちを批判しているのを見かけて呆れた。人それぞれの自由ではあるのだろうけれど、傷付きやすい人の心を想像することが出来ないのであれば、傷を付けやすい自分の言動であることを自覚しようと思った。理科の世界の難しい話はわからなくても、一筋の言葉の先にひとの命があるのだということは、僕にだってわかる。

醜いね、酷いね、残念だね、悲しいね。

僕は僕たちは誰かの善悪を判断できるほど偉くはなくて、過ちの数だけチャンスを与えられて生きてきた。せめてそんな風に自分の心と決着をつけなければ、憤りの体温のままに朝を迎えてしまいそうで書く。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

葬式の何百倍も辛い。

物心ついた頃から、存在した場所。父との思い出のほとんどが染み込んだ場所。 閉店のお知らせだとか、開店当初、一緒に店をしていたNさんと父の写真だとか。自分を構成してる全てが剥がされていくようで、辛い。 …

今日は例会。

勉強会です。集中して勉強します。

no image

たいへんたいへん、明日16日は!!

わたくし、ばたさんの29歳の誕生日ですよー!!!

秋を知る頃、新しい命。

熱帯魚、コリドラスメリニが産卵。

no image

時計の針に期待することは日々変わっていく

祖母を見舞いに立ち寄る。白い壁、身体から伸びていくコード、今の何かを伝えるモニターの数字。病院を出たら外は雨だった。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016年9月19日 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly