川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

新開地駅の立ち食いそば屋さん「高速そば」に学ぶ、教科書にないデザインと商売のこと

投稿日:

うちの会社の最寄り駅は阪神と阪急と神鉄、そして山陽電車が相乗りをしている新開地駅。この駅構内にある「高速そば」という立ち食いそばのお店で、スタミナうどんにコロッケを載せて食べるのは僕のお気に入りだ。

お店のおばちゃんはジャガイモの水耕栽培にはまっていて、店内のあちこちで根と芽を伸ばしたその様子を眺めることができる。メニューの背景にまでその写真を使うものだから、ご覧の通り、書かれている文字を識別することは容易ではない。デザインの教科書に従えば、こういう作り方は誤りであると言われてしまうのだろう。

ただ、と思う。

学問的なデザインの定義からは外れてしまったこのメニューをみて「だからこのお店はダメだ」と思うお客さんはどれくらいいるのだろう。デザインの理屈は伴っていなくても、このメニューには「ひと」が表れている。このメニューを許してしまう他のスタッフやお客さんの「ひとがら」も伝わってくる。「栽培にはまってるんだね」や「このメニューはおばちゃんが自分で作ったの?」という会話さえ聞こえてこないだろうか。

何かを表現するときの理屈や理論、僕はそれは後付けだと思ってる。いろんな人が心で感じてきたことの統計学、それが教科書になっただけのこと。教科書が最初にあって何かを伝えられるようになるわけではないし、ひとの心を響かせることができるわけではない。テキストや学校で学んだ結果の既視感という「カタチ」。それだけで世の中に通用するのであれば、僕たち表現者は言葉やデザインの持つ繊細な行間に心を配る必要はなくなっていくことだろう。

温度を伝えることのできる自分でありたい、うちの会社の役割でありたい。僕がずっと心に決めている在り方はそれで、その実現のために、僕は温度を伝えたがる受け入れたがるひとの気持ちを知り続けていきたいと思う。ひとの集う場所で、それを感じ取っていきたいと思う。仕事ができるできないというのは、学問的に優れているということではなくて、その人に集う顔ぶれを見ていればわかること。ひととの関わりを利害だけで判断するのではなく、心に実を結ぶかどうかという広い視野を持つことで継続していきたいと思っている。

理屈を伝えるのは学問、僕たちが伝えるのは温度。そんなことを思いながら食べるうどんの味がどれ程のものであるかは、言わなくてもきっと。

Google

Google

-業務日記
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

「離婚した理由はDVです」と伝え続けるブランディング

「離婚した理由はDVですって言っておけば、おっさんどもは釣られてくれますよ、それもブランディングです」という強烈な闇を見た。生きていく方法も人それぞれ。願わくは「釣り続けてあげてほしい」。シンデレラを …

no image

本音を語るためには、自分のこれまでの時間に真摯に向き合う必要があった

同友会での発表を終えた。色々な感想をいただくことができて嬉しい。感謝。 何年も前に、同友会でだらだらと会議をしていたところ、とある方が怒り出したことがある。「ここは経営者たちの集まり。それぞれの会社で …

高田純次さんに憧れる僕の「売るのではなく、選ばれる」生存戦略

とても頭の良いお客さんがいて、どんな会話でも気の利いた返事をしてくれる。頭の回転が速すぎて、早死にしてしまうのではないかと心配になるくらいに。こんな風になりたいと思って、僕はいつも高田純次さんの動画を …

kabuka

経済から読み解く仮説の立て方、コストパフォーマンスの高い生き方、相対的な金銭価値の捉え方

2018年1月9日の日経平均の終値が2万3849円99銭でした。これは1991年11月以来、26年ぶりの高値水準だそうです。道理で、一時期は4分の1程度にまで落ち込み、20年近くにわたって塩漬けにして …

no image

文字数を稼ぐためのライティングの仕事、見透かされてしまう僕の悪い癖

俗にいう「にっぱち(2月8月)」は、商売をしている人間にとって売上の落ちる悩ましい月間である。うちの会社も数字の上ではしんどいのだけれど、年度末に納品する制作物や相談が集中する月でもあって、この2か月 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)