川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

新開地駅の立ち食いそば屋さん「高速そば」に学ぶ、教科書にないデザインと商売のこと

投稿日:

うちの会社の最寄り駅は阪神と阪急と神鉄、そして山陽電車が相乗りをしている新開地駅。この駅構内にある「高速そば」という立ち食いそばのお店で、スタミナうどんにコロッケを載せて食べるのは僕のお気に入りだ。

お店のおばちゃんはジャガイモの水耕栽培にはまっていて、店内のあちこちで根と芽を伸ばしたその様子を眺めることができる。メニューの背景にまでその写真を使うものだから、ご覧の通り、書かれている文字を識別することは容易ではない。デザインの教科書に従えば、こういう作り方は誤りであると言われてしまうのだろう。

ただ、と思う。

学問的なデザインの定義からは外れてしまったこのメニューをみて「だからこのお店はダメだ」と思うお客さんはどれくらいいるのだろう。デザインの理屈は伴っていなくても、このメニューには「ひと」が表れている。このメニューを許してしまう他のスタッフやお客さんの「ひとがら」も伝わってくる。「栽培にはまってるんだね」や「このメニューはおばちゃんが自分で作ったの?」という会話さえ聞こえてこないだろうか。

何かを表現するときの理屈や理論、僕はそれは後付けだと思ってる。いろんな人が心で感じてきたことの統計学、それが教科書になっただけのこと。教科書が最初にあって何かを伝えられるようになるわけではないし、ひとの心を響かせることができるわけではない。テキストや学校で学んだ結果の既視感という「カタチ」。それだけで世の中に通用するのであれば、僕たち表現者は言葉やデザインの持つ繊細な行間に心を配る必要はなくなっていくことだろう。

温度を伝えることのできる自分でありたい、うちの会社の役割でありたい。僕がずっと心に決めている在り方はそれで、その実現のために、僕は温度を伝えたがる受け入れたがるひとの気持ちを知り続けていきたいと思う。ひとの集う場所で、それを感じ取っていきたいと思う。仕事ができるできないというのは、学問的に優れているということではなくて、その人に集う顔ぶれを見ていればわかること。ひととの関わりを利害だけで判断するのではなく、心に実を結ぶかどうかという広い視野を持つことで継続していきたいと思っている。

理屈を伝えるのは学問、僕たちが伝えるのは温度。そんなことを思いながら食べるうどんの味がどれ程のものであるかは、言わなくてもきっと。

Google

Google

-業務日記
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

今日の言葉が永遠の基礎となることを

完全に伝わることはないとわかっている。言語。それでも、ぎりぎりまでを攻めて、響け、と念じている。言葉。職人たちの研ぐ光にも似て、僕たちは今日の風の色を置き換えて刻むことをやめようとはしない。言霊。 詩 …

感動を共有できない「プロ」であるならば、「発展途上」でありたいと願う

何十回としている仕事なのだけれど、結果が出るまではいつも緊張する。不安があるから謙虚になれるのかもしれない。謙虚になれるから、結果が伴ったとき、新鮮な気持ちで感動できるのだとも思う。わかりきっていたよ …

no image

素朴なことばが心に触れて。

朝から月刊誌川柳ふあうすとの入力作業。 続いて、法善寺浅草さんの暑中見舞用コピーの考案。 季節感のある、涼しげなコピーを考えさせていただきました。 商業用コピーの場合は特に、温度や空間を感じて頂けるよ …

3つのブログを更新し続けることによって中小企業の社長が得た3つのメリット

何かを発信しようとしても、ほとんどの人は細部までは読んではいない。 それでも、何かを発信し続けようとする継続の姿勢は「頑張ってるよね」という評価を得ることができる。ニュースレターやメルマガ、そしてブロ …

期待の下を潜ってしまう残念と、虫たちの見上げて歌う秋空と

社内のこと。 期待値を下げて跳び越えてきやすいようにしていたのに、その下を潜ってきたことは残念だった。すべての指示を出してしまえば指示待ち人間になってしまうし、黙っていれば伝わらない。想像をすることが …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly