川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

ギフトにもオススメ!道場六三郎さん監修の焼き梅が喉にとっても優しくて美味しかった!

投稿日:

扁桃炎をこじらせて以後、ずっと喉の不調が続いている。

twitterの呟きを遡ってもこんな調子で、お客さんと話していても発作のように咳が止まらなくなったときに申し訳ないなぁと思う。原稿の山と格闘中とはいえ、表向き、夏休み。人と会う時間が減る分、静養に努めたい。

道場六三郎さん監修の焼き梅が喉にとっても優しくて美味しかった!

喉に違和感があるときは、殺菌作用や水気のあるものが嬉しい。美味しい梅干しがあるよと教えてもらっていただいたのが「和の鉄人」道場六三郎さん監修の焼き梅だった。

お酒の味がわかるようになってからは漬け物が好きになったものの、元々梅干しはそれほど得意なものではない。「美味しい梅干しがあるよ」と言われても(まぁそれでも梅干しですから、想像はつきますよ)と考えていた。ところがこの道場六三郎さんの焼き梅は違った。

甘すぎず、酸っぱすぎず、塩分が濃すぎるわけでもなく、梅が喉を通って全身に染みていく。いつまでも口のなかに残る爽やかな余韻を楽しむことができるので、汗が失われる夏、咳の続く体調の悪いいま、身体に優しいという感覚を味わうことができるのだ。木箱に入ったものを贈ることができるので、取引先はもちろん、敬老の日や母の日、父の日などのギフトにも喜ばれるのではないだろうか。

年齢を重ねていくと、これまでと同じようなノリで行動できなくなることがある。感覚でついていけなくなることがある。一方で、古来、多くの人に馴染まれた食や芸術という文化を身体で心で楽しむことができるようにもなる。外からの刺激、呼応する内なる声、そんな風に感じられた瞬間は至福そのもの。身体に優しいものを選んで、心を休ませてみる。そう思える自分の30代後半は、なかなかどうして、いい感覚を養えているのではないかという気にもなったりする。

不調、続けど、夏の背ももうすぐ。しっかり働いて、しっかり休む。いまをちゃんと、楽しんでいこう。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

父親の緊急入院。

祈。

no image

器は小さくて、雨に救われて、長い長い夜

「自分はプライドを大事にしているんだな」と気付いた風に話しているときは、大抵、自分の器の小ささを知ってそれを隠そうとしているときだ。隠そうとして綺麗な言葉を使う、そんな自分は卑屈だと思う。 悔しさはや …

no image

僕はジャニーズの嵐のメンバーではありません

会議。 会議 pic.twitter.com/DSwyp2v9qU — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年8月10日 同友会の会議にはいろいろな考え方と価値観を持った人 …

引き続き、恋を継続中。

この瞳に嘘はつけまい。

歌舞伎座。

そして難波でも迷子。 さすがかつて、営業で練り歩いた街です。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly