川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

僕の考える販促の公式:創造+想像-(否定+卑下)=コンテンツ

投稿日:

印刷は手段のひとつで、自分たちの担う役割はお客さんの商品やサービスをコンテンツとして世に広めていくことだと考えている。

明確な価値として存在するものを伝える手段を創造する、そして、その受け手を想像する。二つの「ソウゾウ」がはまって浸透していくプロセス。それは絶対に紙でなければいけないということはなく、クチコミになりやすい方法を考えることが第一だと思ってる。紙は一瞬、クチコミには余韻と唱え続ける。印刷会社の看板があるから印刷のことだけで良いと考えていれば未来はない。

「頑張っている」「真面目である」という言葉を使わないで表現するココロ

コンテンツは愛されるようにしなければならない。

「僕はこんなに頑張ってる」「私はこんなにすごいのよ」という自己顕示したくなる欲を削ぎ、「まだまだ」という向上の階段にいることを伝える。謙虚謙遜の姿勢で共感を呼ぶ。他者を否定することを許さない。悪口に感じられるような卑下する言葉は使わせない。

原因は常に自分にあるのだということを一緒に考える、それが販促に携わる自分たちの仕事。真面目に頑張っているのは仕事である以上誰にでも当たり前のことで、自分に酔っているうちは痛い。

簡単に自分の今を伝えられるようになった。簡単に「いいね」と評価してもらえるようになった。すべてが追い風に思えて、持論が気付かない内に他者を否定するようになってしまうことがある。「いいね」をくれた人よりも「いいね」をくれなくなった人を考えなくなってしまう。

創造に想像を足して、僕たちは商売をしていく。そのときに忘れてはならないのが、差別化とは他を蔑むことではなく自分が選ばれるために継続することだといつも思う、肝に銘じている。

Google

Google

-業務日記
-,

執筆者:

関連記事

no image

心はてんこ盛りにする。

「そういう書き方をすると、相手はどう思うだろう」 「ここですぐに電話をしなければ、相手は不安にならないか」 「まずはゴメンナサイって、謝るべきではないか」 私は、綺麗な言葉と心遣いを忘れずに、仕事をし …

コンサルの知識よりも「中小企業の経営者はカタカナが嫌い」という想像力を大事にしたい

統計から未来を予測する技術も素晴らしいけれど、想像でひとの気持ちを読むことも否定されるようなことだとは思わない。 知識や情報を伝達するということは、たしかに商売になる。ただ、売って終わってしまってはい …

no image

ビジネスの本流には「対価」、商売の根底には「恩義」が流れている ~時間という透明な椅子

最終的には利益のために仕事をするのだけれど、仕事の姿勢としては利益のためであってはならない。利益は尻尾についてくるというのがうちの会社の考え方で、役に立ちたいという橋を繋いでいけば共存共栄の関係になっ …

no image

プロ野球戦力外通告を見て ~生きていくことの厳しさ、厳しさの向こうにある温度

一年の終わりにプロ野球戦力外通告を見て、生きていくことの厳しさを肝に銘じるようにしている。 プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達 | TBSテレビ 良くも悪くも結果は評価されるものだ。良い結果を出 …

no image

海の日の新しい仕事。

「海の日」というには、青の遠すぎた一日。 昼から、パソコンのサポートに呼ばれる。先日の神社さんに引き続き、今日も自宅から車で5分ほどの近所の会社。 パソコンに詳しくないお客様の場合、こちらが作業してい …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly