川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

僕の考える販促の公式:創造+想像-(否定+卑下)=コンテンツ

投稿日:

印刷は手段のひとつで、自分たちの担う役割はお客さんの商品やサービスをコンテンツとして世に広めていくことだと考えている。

明確な価値として存在するものを伝える手段を創造する、そして、その受け手を想像する。二つの「ソウゾウ」がはまって浸透していくプロセス。それは絶対に紙でなければいけないということはなく、クチコミになりやすい方法を考えることが第一だと思ってる。紙は一瞬、クチコミには余韻と唱え続ける。印刷会社の看板があるから印刷のことだけで良いと考えていれば未来はない。

「頑張っている」「真面目である」という言葉を使わないで表現するココロ

コンテンツは愛されるようにしなければならない。

「僕はこんなに頑張ってる」「私はこんなにすごいのよ」という自己顕示したくなる欲を削ぎ、「まだまだ」という向上の階段にいることを伝える。謙虚謙遜の姿勢で共感を呼ぶ。他者を否定することを許さない。悪口に感じられるような卑下する言葉は使わせない。

原因は常に自分にあるのだということを一緒に考える、それが販促に携わる自分たちの仕事。真面目に頑張っているのは仕事である以上誰にでも当たり前のことで、自分に酔っているうちは痛い。

簡単に自分の今を伝えられるようになった。簡単に「いいね」と評価してもらえるようになった。すべてが追い風に思えて、持論が気付かない内に他者を否定するようになってしまうことがある。「いいね」をくれた人よりも「いいね」をくれなくなった人を考えなくなってしまう。

創造に想像を足して、僕たちは商売をしていく。そのときに忘れてはならないのが、差別化とは他を蔑むことではなく自分が選ばれるために継続することだといつも思う、肝に銘じている。

Google

Google

-業務日記
-,

執筆者:

関連記事

新開地駅の立ち食いそば屋さん「高速そば」に学ぶ、教科書にないデザインと商売のこと

うちの会社の最寄り駅は阪神と阪急と神鉄、そして山陽電車が相乗りをしている新開地駅。この駅構内にある「高速そば」という立ち食いそばのお店で、スタミナうどんにコロッケを載せて食べるのは僕のお気に入りだ。 …

経営者になって10年となる記念すべき一日に向けて 〜労働保険料の計算と納付

決算に向けて対外的なラストスパートと事務的な作業に追われるのがこの時期。サボりまくっていた経理はリアルタイムに追いついた。そして今度は7月10日が期限の労働保険料の計算と納付。 複写になっているこの書 …

no image

人を成長させられるリーダーでありたい。

「コンクールなんて、面倒ー。 あんな気取ったものに向かって 頑張るより、甲子園目指して頑張る野球部をスタンドから応援しよー」 「朝連なんてダルいー。やめよ、やめよ」 高校時代、吹奏楽部の部長に決まった …

リスクとリターンの関係 ~未来から逆算して今を投資する、2014年回顧

亡くなった父の言葉を思い出すとき、もう触れることのできない犬たちの温度を想うとき、いつだって壊れてしまいそうになる。 喪失の悲しみを知って、もう、これ以上に辛いことはないだろうと思っていた僕を襲ったの …

no image

育むべきキャリアの中で大切なこと。

「客」だとか「クライアント」だとか。 そういう言葉をやめて、「お客さん」と呼んでみればいい。 ちょっと、見えてくると思いますよ。 自信は大切、でも、過剰は禁物。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly