川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

僕の考える販促の公式:創造+想像-(否定+卑下)=コンテンツ

投稿日:

印刷は手段のひとつで、自分たちの担う役割はお客さんの商品やサービスをコンテンツとして世に広めていくことだと考えている。

明確な価値として存在するものを伝える手段を創造する、そして、その受け手を想像する。二つの「ソウゾウ」がはまって浸透していくプロセス。それは絶対に紙でなければいけないということはなく、クチコミになりやすい方法を考えることが第一だと思ってる。紙は一瞬、クチコミには余韻と唱え続ける。印刷会社の看板があるから印刷のことだけで良いと考えていれば未来はない。

「頑張っている」「真面目である」という言葉を使わないで表現するココロ

コンテンツは愛されるようにしなければならない。

「僕はこんなに頑張ってる」「私はこんなにすごいのよ」という自己顕示したくなる欲を削ぎ、「まだまだ」という向上の階段にいることを伝える。謙虚謙遜の姿勢で共感を呼ぶ。他者を否定することを許さない。悪口に感じられるような卑下する言葉は使わせない。

原因は常に自分にあるのだということを一緒に考える、それが販促に携わる自分たちの仕事。真面目に頑張っているのは仕事である以上誰にでも当たり前のことで、自分に酔っているうちは痛い。

簡単に自分の今を伝えられるようになった。簡単に「いいね」と評価してもらえるようになった。すべてが追い風に思えて、持論が気付かない内に他者を否定するようになってしまうことがある。「いいね」をくれた人よりも「いいね」をくれなくなった人を考えなくなってしまう。

創造に想像を足して、僕たちは商売をしていく。そのときに忘れてはならないのが、差別化とは他を蔑むことではなく自分が選ばれるために継続することだといつも思う、肝に銘じている。

Google

Google

-業務日記
-,

執筆者:

関連記事

no image

書くということは視点のトレーニングになる ~プラス言葉クイズに挑戦を

自分もブログを継続的に書いていけるようになりたい、川柳や短歌という文芸に挑戦してみたいので相談に乗ってほしいというご依頼をいただくことが増えた。 「書く」ということは視点のトレーニングになると思ってい …

期待の下を潜ってしまう残念と、虫たちの見上げて歌う秋空と

社内のこと。 期待値を下げて跳び越えてきやすいようにしていたのに、その下を潜ってきたことは残念だった。すべての指示を出してしまえば指示待ち人間になってしまうし、黙っていれば伝わらない。想像をすることが …

no image

主張はいつも誰かの対岸にある

「わかる、そういう人いますよね」という同調のコメントを引き出してしまうような言動は慎むべきなんだろう。たとえそれが正論であって正義であっても、場が乱れてしまえば攻撃的な空気に満ちる。主張はいつも、誰か …

紙は触れて匂って決めてください ~神戸の印刷屋からの提案

「わかるーーーー」と思いながら読んだ記事をご紹介。 さわり心地とにおいがいい辞書はどれか – デイリーポータルZ:@nifty 新しい紙幣の匂い、辞書の紙質。自分が印刷屋をやるようになって …

no image

神戸の経営者、孤独とため息とやりがいと。

中小企業家同友会のブロック会、プレミーティングに参加。 経営者は孤独という言葉を何度も聞くけれど、本音のこぼれやすいこうした小さな集まりでは、それを益々実感します。 9月には、自分が経営体験報告を発表 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly