川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

コンサルの知識よりも「中小企業の経営者はカタカナが嫌い」という想像力を大事にしたい

投稿日:2014年8月26日 更新日:

統計から未来を予測する技術も素晴らしいけれど、想像でひとの気持ちを読むことも否定されるようなことだとは思わない。

知識や情報を伝達するということは、たしかに商売になる。ただ、売って終わってしまってはいけない。水にも似た透明なそれらを売ることを生業とするのであれば、その商品を手にすることの期待を抱かせなければいけないし、その商品を手にした人の変化を明示して伝え続けていく必要がある。

引用元:実業の反対語である虚業という概念について | 川柳をこよなく愛する明石のタコ

コンサルを生業とする人にも、カタカナを多用する人とカタカナを使わずに伝えようとする人たちがいる。これはとても失礼な話かもしれないけれど、「二代目」や「おぼっちゃん」の多い僕たち中小企業の経営者にはその小難しい概念や知識にアレルギー反応を示す人が多いように思う(=僕たち零細企業の社長はそれほど賢くない)。どれだけ大きな会社で実績を積んできたのか、どれほどのインプットを重ねてきたのかは知らないが、その「虚」を中小企業の経営者の「血肉」にするためには、言葉を置き換えて伝えなければ相手の腑に落ちないという想像力が必要であると考えた方が良いだろう。

「ターゲットを決めて勝負をしなければ」と語るコンサルの人が、中小企業の人相手にカタカナを使っているのを見かけるといつもそれを思う。一方、同じ概念を「たとえば」という言葉で説明している人は素直に感心する。

書いている文章の意図が相手に伝わらないときに使いたい、「たとえば」の力。 | コトバノ

僕はやっぱり経営者の立場でモノを考えるので、僕たちのチカラになる存在には頑張ってほしいと思うし、僕たちを食い物にしようとする対象には嫌悪感を抱く。また、起業して間もない人は経営用語に敏感になりやすく、そういったカタカナを多用する人を神格化し、カタカナを理解しない経営者たちをダメだと決めつける傾向が強いような気がするが、仕事はコンサル対象にするのではなく中小企業で働く人たちを相手に行うものであるということを忘れず、冷静な選択をしてほしいと願う。

カタカナの数よりも、泥の味をたくさん知っている人のほうが強いと思う僕は古いタイプの経営者なのかもしれないけれど。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

スターバックスがコーヒー屋さんだと思っている人にオススメする漫画 ~ドラッカーで学ぶ商売

英訳付きストーリーマンガ「猫が、ドラッカーを学んだら」のKindle版が登場。Kindle版はKindle Readerがないと読めないと勘違いしている方も多いようだが、実際はiPhoneアプリで購読 …

感動を共有できない「プロ」であるならば、「発展途上」でありたいと願う

何十回としている仕事なのだけれど、結果が出るまではいつも緊張する。不安があるから謙虚になれるのかもしれない。謙虚になれるから、結果が伴ったとき、新鮮な気持ちで感動できるのだとも思う。わかりきっていたよ …

no image

思い込みと驕りを捨てるべきであるという反省

問題を切り分ける能力のある人のことを尊敬する。 ちゃんと英語が読めていたら10秒で解決したことに3時間を要した。読めなくて読めなくて読めなくて辛いよ。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@ …

ノルマという言葉を使う人の背中に。

「社員と心を通い合わせたかったら、一緒に風呂でも入れ!」 心さらけ出す、対等な立場での付き合いを主張するNさん。 なるほど、もっともな意見だ。 社員の立場だった時に「されて」イヤだったことは、自分が社 …

no image

結果とプロセスの両輪があって、組織は強くなっていく

年齢の離れた先輩の意見で方向が決まってしまう議論は退屈だけれど、近い年齢同士で正解のないことを語り合うのはとても面白い。 たとえば僕は、経営者向けのイベントを考えるときに「経営者といっても意識の高い人 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly