川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

同友会 雑記

同友会の仲間と過ごす深夜の時間、コンビニ前の猫は希望を見上げて

投稿日:

同友会の青年部、仲間たちと深夜2時過ぎまで会議。

出し合うアイデアの向かう方向は「誰に、どうなってほしいか」。ターゲットを決めて、その人の持って帰るお土産をイメージする。思考のプロセスは商売と同じ。

眠気にだれてみるのも仲間の気安さならでは。

事業責任者に成功体験をプレゼントしてやりたい。それを僕たちは「漢にする」と称する。裏や表の役割、準備や根回し、それぞれの職務を意識して一月のイベントまで組織で動いていく。

チームとして機能しない自分の会社を重ねて、僕はこの仲間たちとの時間を過ごすことにしている。こんな風になりたいというエネルギーを貰って、同じ風土を作り上げてきたいと考えている。結果、喜びを共有できるチーム作りを学びたい。個が立つチームからの脱却、いまはその、種を植えているところ。

帰り道、立ち寄ったコンビニのドアの前に出入りする人を見上げる猫に出逢った。彼だってきっと、与えてくれる誰かを待っているんだろう。

Google

Google

-同友会, 雑記

執筆者:

関連記事

no image

朝はどんな風に針を進めてしまうのだろう

無情に進んでいく時間があって、悲哀を片付けていくのも時間なのだということを思うとき、いつもASKAさんの「朝をありがとう」という曲を思い出す。 時間の中で僕たちは生きていて、黙っていても時間はどんどん …

no image

電気が足り過ぎて停電してしまう可能性があるという不思議 ~無知ゆえに新鮮な毎日

生きているということは知らないことを発見することで、無知であればあるほど、毎日が新鮮に満ちてくる。 九州電力は7日、鹿児島県の種子島で太陽光による発電量が大きくなりすぎて停電する恐れが生じたため、再生 …

no image

デパートの地下のような楽しさと効果を ― 今度はのぼりだ。

4日だったか、5日だったか。 連続で、もう、布団から遠ざかっている。床でそのまんま、朝を迎えてしまう不健康な生活。 今夜こそはこれを書いたら、目指せ布団の優しい寝床。 いかにも年度末の、異様な慌ただし …

ETV特集『オレを覚えていてほしい』~インターネット「命の対話」(奥山貴宏)

先日もご紹介した奥山貴宏さんの特番が今週の土曜日に放映される。番組の告知ページが更新されていたので、その内容を転載してここで紹介する。 →ETV特集『オレを覚えていてほしい』~インターネット「命の対話 …

ホテルからの眺め。

金沢駅前。 朝刊によると、本日は大雨に注意、なんだそうです。ぎゃふん。 少し休んでから、兼六園に行ってきます。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly