川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

9回の失敗を与えることはベンチワークで、10回目を祝福することはチームワーク

投稿日:

情熱だとか知恵だとか努力だとか想いだとか、そんなものはこれっぽちも目には見えやしないし、「いいや、いつか必ず心に届くよ」なんてそれっぽいこと言っても嘘だと思ってる。

それでもだけども、9回心が折れたその先の10回目に響くことを信じてバッターボックスに立っていきたい、チームの皆で。9回の失敗を与えることはベンチワークで、10回目を祝福することはチームワーク。困難は解決という成長の糧を連れてくるのだと信じてる。「道はある」と思って取り組む。

口癖のように社内で伝え続けていることを、改めて成文化している。「上司は感情に任せて怒ることはしません」「ほうれんそうは自分を守るための手段」「積極的な挑戦と失敗は評価します」――自分が「やりたい」「知りたい」と思ったことを相談したうえで動く、結果、失敗したとしてもそれは本人へのマイナス評価ではなくプラス評価にするというルールを僕はメンバーに約束する。その体制をブログで書くことで、自身もブレないようにする。そうやってチームワークを強固にし、前川企画印刷らしい雰囲気を作りあげていく。

課題はたくさんあるけれど、課題の数だけ感動の種がある。熱くなりたいよね、良くしたいよね。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

失敗とは人間味のこと

継続して生まれたものは「こんな風にしたからうまくいった」という武勇伝ではなく「こんな失敗をいくつも重ねた」という情けのない話ばかりだ。ただ、失敗は相手の共感を呼ぶことができる。共感という土壌があって、 …

no image

ひととの繋がり、気配を大切にするということ。ひとの悪口を言わないようにするということ

想いを伝えることと同じくらいに商売で大切なことは、人の気配をさせることだと思っている。論が正しいのであれば、人が集まり、人の集まるところにお金が回るようになる。商売の方向性が正しければ、自然と登場人物 …

no image

写真の父も笑っている。笑ったままの父は、ずっと動かない

今夜、同友会をアピールする集まりで、報告と懇親会の司会をすることになっている。 「学び」と「気付き」と「刺激」という言葉は抽象的で人に響かない気がするのだけれど、自分だけがベラベラと喋っていて良い時間 …

no image

ビジネスの本流には「対価」、商売の根底には「恩義」が流れている ~時間という透明な椅子

最終的には利益のために仕事をするのだけれど、仕事の姿勢としては利益のためであってはならない。利益は尻尾についてくるというのがうちの会社の考え方で、役に立ちたいという橋を繋いでいけば共存共栄の関係になっ …

no image

僕が「ビジネス」と「クライアント」という言葉を使わない理由 ~商売人の矜持

「ビジネス」と「クライアント」という言葉は、どちらも相手に対する自分の立場を勘違いさせてしまいそうな危うさを持っている気がして、僕は使わないことにしています。「ビジネス」ではなく「商売」で、「クライア …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly