川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

9回の失敗を与えることはベンチワークで、10回目を祝福することはチームワーク

投稿日:

情熱だとか知恵だとか努力だとか想いだとか、そんなものはこれっぽちも目には見えやしないし、「いいや、いつか必ず心に届くよ」なんてそれっぽいこと言っても嘘だと思ってる。

それでもだけども、9回心が折れたその先の10回目に響くことを信じてバッターボックスに立っていきたい、チームの皆で。9回の失敗を与えることはベンチワークで、10回目を祝福することはチームワーク。困難は解決という成長の糧を連れてくるのだと信じてる。「道はある」と思って取り組む。

口癖のように社内で伝え続けていることを、改めて成文化している。「上司は感情に任せて怒ることはしません」「ほうれんそうは自分を守るための手段」「積極的な挑戦と失敗は評価します」――自分が「やりたい」「知りたい」と思ったことを相談したうえで動く、結果、失敗したとしてもそれは本人へのマイナス評価ではなくプラス評価にするというルールを僕はメンバーに約束する。その体制をブログで書くことで、自身もブレないようにする。そうやってチームワークを強固にし、前川企画印刷らしい雰囲気を作りあげていく。

課題はたくさんあるけれど、課題の数だけ感動の種がある。熱くなりたいよね、良くしたいよね。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

三方よしの関係で「搾る」のではなく「永続」させる ~リストラなしの「年輪経営」/塚越寛

目に見える商品も目に見ることのできないサービスも、より良い品質のものをお客さんに提供するために協力会社さんのチカラは必要不可欠だ。 神戸の前川企画印刷では、協力会社さんのことを「業者」「下請け」と呼ぶ …

no image

僕が経営者になって最初にしたことは、隠ぺい工作と変更でした

一年で何日か、自分にだって褒めてほしい日がある。 板宿、アーケードにも降り込んでくる大雨、税理士さんとの決算に関する打ち合わせ終了(ようやく)。6月までの期も正式に黒字で締められることが確定した。ほっ …

no image

うちの会社のメンバーへブログで公開指導 ~自分がすごいと思える場面ほど自分は下がろう

カッティングシートを貼りにやってきました!上手く貼れた気がする〜 @ Reanda レナンダ https://t.co/fkshlToAbj — 中尾隆志/伝票印刷アドバイザー (@sar …

表現者のためのiPhoneアプリ制作会社、出版社であり続けたい

8月のリレーマラソンに参加して以後、あまり長距離を走っていなかったので今日は長めのコース。走り終えてRuntasticで計測した距離を確かめると、ちょうど11.11kmだった。 気持ちは上がったり下が …

no image

ほんとに赤字でやってみる名刺1000円企画。

感謝! これで満たされているのよっしーさんに宣伝していただきました。→こちら。 ありがとうございます。 ブロガー名刺、送料込みで1000円じゃすと! 掲載して10分も経たないうちに、お問い合わせをいた …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly