川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

大きなミスが与えてくれるもの

投稿日:

仕事で大きなミスをした。お客様にご迷惑をおかけした。

ミスはあるものだと思ってる。だから、ミスをした過去形について怒ることはしない。大切なことは、ここをドン底と決めて最悪の中から最良を選んでいくこと。

謝罪に一緒に走ることも考えた。ただ、それではチームにならないとも思った。お叱りもお褒めの声も直接メンバーに届く仕組みを作って、奮起と継続を促す。それもまた社長の役割なのではないだろうか。

お客さんは誰か、お客さんのお客さんは誰か。自分たちで決めた事業計画書の言葉を何度も繰り返して、お客さんのご納得やご満足からの逆算で謝罪と刷り直しの方針を決める。自分たちの利益や予算を確保することを前提とした甘い気持ちでは臨まない。そうして走った、連絡を取り合った二日間だった。

それをして、失った信用を取り戻せるわけではない。失ったまま、背中を見送る可能性もある。ただ、理念や姿勢を歪めてまで不誠実を貫く自分たちなのだとしたら、会社はもう、廃業するべきだとも思ってる。

取り返す、というよりもまずは先に、当たり前を当たり前に組織として動いていく。この大きなミスが与えてくれた意味をしっかり考えていきたい。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

目と目で会話の出来る人と出逢えることは、僕の何よりの財産だ

知識や知恵の習得には時間がかかっているわけで、ひとからもらう「無形のなにか」には最大限の敬意を払えるようでありたい。 仕事に関する違和感のほとんどは、「ありがとう」がないときに生じる。 — …

no image

こっち側の当たり前があっち側の当たり前であるとは限らない ~クオリティと姿勢に問題のある同業の人たちと関わって

同じ印刷業界だから事情がわかって寛大になれることもあるし、その逆もある。 自分がライティングや取材で関わっている冊子の編集委員会には、ある印刷会社の人も来ているのだけれど、せっかく会議に参加していても …

no image

有り難きありがとうに心をこめて

2月は日数が少ないうえに、月の半ばに祝日まである。そして年度末の慌ただしさも重なって、毎年、ほとんど記憶に残らないまま時間だけが過ぎていくような気がする。 一般社員として前川企画印刷に入社したのが10 …

「そういう商品」が「僕たちの商品」になる、実地で触れた生産者の方々の想い

うちのメンバーと紙漉き体験に。 紙をつくるプロセスをビデオで学び、働いている方にインタビューして苦労を知る。その想いを伝えていくことも含めて自分たちの役割なのだということに気が付けば、安易な安売りをし …

no image

ひととの繋がり、気配を大切にするということ。ひとの悪口を言わないようにするということ

想いを伝えることと同じくらいに商売で大切なことは、人の気配をさせることだと思っている。論が正しいのであれば、人が集まり、人の集まるところにお金が回るようになる。商売の方向性が正しければ、自然と登場人物 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly