川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

大きなミスが与えてくれるもの

投稿日:

仕事で大きなミスをした。お客様にご迷惑をおかけした。

ミスはあるものだと思ってる。だから、ミスをした過去形について怒ることはしない。大切なことは、ここをドン底と決めて最悪の中から最良を選んでいくこと。

謝罪に一緒に走ることも考えた。ただ、それではチームにならないとも思った。お叱りもお褒めの声も直接メンバーに届く仕組みを作って、奮起と継続を促す。それもまた社長の役割なのではないだろうか。

お客さんは誰か、お客さんのお客さんは誰か。自分たちで決めた事業計画書の言葉を何度も繰り返して、お客さんのご納得やご満足からの逆算で謝罪と刷り直しの方針を決める。自分たちの利益や予算を確保することを前提とした甘い気持ちでは臨まない。そうして走った、連絡を取り合った二日間だった。

それをして、失った信用を取り戻せるわけではない。失ったまま、背中を見送る可能性もある。ただ、理念や姿勢を歪めてまで不誠実を貫く自分たちなのだとしたら、会社はもう、廃業するべきだとも思ってる。

取り返す、というよりもまずは先に、当たり前を当たり前に組織として動いていく。この大きなミスが与えてくれた意味をしっかり考えていきたい。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

完璧を求めないで、60点で走り出すこと ~それはスプーンとチャーハンの関係にも似ていて

考えすぎて動けなくなるというのはありがちで、60点で走り出して、あとは軌道修正をしていこうという話を社内ではよくする。 0から60になるまでの時間と、60から100になるまでの時間は、数字の距離だけで …

no image

入社4ヶ月で社長就任、あれは28歳の夏の…。

経営者の皆さんが集まって行う勉強会、同友会。 次回、西神戸支部ブロック会では、西端が発表をさせていただくことになりました。 人前で話すの、大好きです。 『最高のサービス業であるための、大喧嘩』『支払い …

no image

新しい仲間と目指したいところ。 

8月(9月?)入社予定のN君の実地研修。 今日は朝から事務所に来て貰って、簡単な業務の流れと実際の制作について研修に取り組んでもらった。 増え続けている新規の案件について、制作は手一杯の感があった。 …

no image

名刺交換をした後に送られてくる手書きのお礼状は、もういいんじゃないかなって思ってる

誠意や感謝を伝えるというのは大切なことだと思うけれど、皆が同じようなことをしていると、いかにも型にはめようとされている感じがしてしまう。「出逢ったご縁を大切にしていきたい」という言葉が添えてあって「名 …

no image

僕は僕だ。僕は父といて僕だ。僕たちだ。商売人だ

自分のブログを「商売」で検索してみる。父の背を見て育った僕が商売人であることを誇りに思って書き続けていることがよく分かった。唯一この点だけは、ブレてないのだなぁと我ながら感心する。 ビジネスと商売は違 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly