川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

iPhoneやスマホの画面サイズが大きくなって見えた傾向とマーケティングの戦略と

投稿日:

ケータイ電話のなかった頃は、晩になってから友だちの家に電話するのはとても躊躇われた。

tel

技術の進歩で行動様式が変わると、これまでの常識は一気に変化していく。自分たちのようなコンテンツクリエイターは、常識は昨日までのものであったことを念頭に置いて、今日を受け入れ、明日を見据えていく必要がある。

ブログでは仮説を立てて実験を行ってきた。一つの傾向として判断できる程度にはPVが集まるようになったおかげで、次から次に新しい検証を行えるようになったのは有り難いことだ。Googleのいう「スマホファースト」はまさにその通りで、時間が経てば経つほどPCとスマホでのアクセス比率は逆転しつつある。また、LTEなどの高速通信の普及とスマホの画面サイズが大型化していることで、「滞在時間の減少(=一画面で多く情報が見られるようになった)」「「ページ/セッションの上昇(=関連リンクが画面内で目立ちやすくなった)」「動画コンテンツの視聴率の上昇(=高速通信の普及によって動画の再生がスムースに行われるようになった)」という傾向も明らかになってきている。このあたりの傾向を踏まえてお客さんに提案したコンテンツはGoogleやYahooからの検索流入に繋がり、売上と利益に寄与するようになった。自分自身が仮説を立てて実験してきたことなので、相談に応じるお客さんのステージ毎に経験の中から提案をするのは、自分の商品の一つになったといって良いと考えている。

Facebookの「いいね」が気軽に使えるようになって以後、大きく旗を振ることよりも身近なところの反応だけで満足してしまう傾向が強くなったのは(個人的には)残念なことだと思っている。身内の反応を狙って行ったようなことには外の人は反応しない。一方で、大きく振った旗については身近な人も身内も見ていてくれる。ならば、マーケティングで意識するべき距離は何処なのか。その点については語るまでもない。ただし、反応の現れやすさに依存する考え方について否定はしない。

ひとはどんなキーワードで検索を行うのか。それは想像力であって、委ねるのであれば、書き続けた経験のなかで様々な反応を自身で体験してきた人をパートナーに選んでほしいと願う。論を論のままに語るよりもたとえばのチカラを持つ人を探してみてほしい。

書いている文章の意図が相手に伝わらないときに使いたい、「たとえば」の力。 | コトバノ

SNSなどを通じて、発信はもちろん、交流をするスキルに長けた二十代の若者も増えてきている。よくわからない世界、感覚といって済ませてしまうのではなく、そんな世代の持つ感覚や感性を評価して受け入れる器を養っていくことも大切だ。自分たちの次の世代に対して謙虚な姿勢を持つことで、語りだし、教えてくれる世界があることを知る。

閑話休題。技術の進化は外部環境の変化。昨日に固定されたまま明日を否定するのは、僕たちの怠慢であるのだと心得たい。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

三方良しのブログ運営 ~堂本兄弟(フジテレビ)で「お日柄も良く」の話題が出た

フジテレビの堂本兄弟という番組で「お日柄も良く」の話題が出たらしい。堂本剛さんのお父さんがPTA会長だった頃、雨の日であるにも関わらず「お日柄も良く」という挨拶をしたという笑い話。ところが実際は、この …

no image

手書きとPDAのジレンマ。

大きな仕事が重なり始めた。 「うっかり」を無くすために、会社の机を整頓。年末からたまっていた伝票類も入力、月末の支払いの算段など。そしてため息(汗)。 お客様から聞いた話、自分のtodoを、出来るだけ …

no image

定性的な評価と定量的な評価 ~読書量を給与査定の基準にする

前川企画印刷ではtwitterやブログでのアウトプット(発信回数)も評価の対象にすることにしている。ご存知の方もいらっしゃる通り、うちの会社はSNSの活用で今日までをなんとかやってくることができた。メ …

ノルマという言葉を使う人の背中に。

「社員と心を通い合わせたかったら、一緒に風呂でも入れ!」 心さらけ出す、対等な立場での付き合いを主張するNさん。 なるほど、もっともな意見だ。 社員の立場だった時に「されて」イヤだったことは、自分が社 …

no image

経営者であるよりも前に、商売人でありたい ~泣き虫でありたくて

仮説を立てる、そして実行して結果を出す。このプロセス自体が僕の「ノウハウ=商品」となって、お客さんに選んでいただくための材料の一つとなっていく。風が吹けば飛ぶような小さな小さな存在は、こうやって自分の …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly