川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]三月の十日の新聞手に取れば切なきまでに震災前なり/中村偕子

投稿日:

三月の十日の新聞手に取れば切なきまでに震災前なり
中村偕子
変わらない空 泣きながら、笑いながら

東日本大震災を経験した五十五人の共著である短歌集変わらない空 泣きながら、笑いながらを読んだ。どの歌も淡々と描写されている分だけ、言葉にはできない行間の無念が重たい。すべての歌に英訳が添えられているのはこの震災を後世に世界に伝えたいという編者の想いもあって。

picking up
a newapaper dated
the tenth of March
heart breaking, that it was
before the great earthquake

阪神淡路大震災のとき、僕は大学受験を目前に控えた高校三年生だった。震災の朝を境にして、それまでの当たり前は当たり前でなくなって、それまでの無関心は関心へと変わっていった。

瓦礫の街、交通網が寸断された世界で代替バスを待つ。僕を受験生だと気付いた人がいて、列の前の人たちに大きな声で訴えてくれた。「この子、今から京都まで受験行くねんて。バス待ってる間に風邪でも引かせるわけにいかへんやん。先、乗らせてやってもええよな?」

神戸を離れて東へ向かうにつれ、屋根のブルーシートは見かけなくなっていった。宿についてすぐ、風呂の蛇口からお湯が出ることに感激した。ホテルの人は「特別ですよ」と言って、夜食の差し入れをしてくれた。みんなが僕に特別をしてくれたのは、あの日からしばらく、ずっとのことで、とても不思議な時間だったのを覚えている。日常は日常ではなくなってしまったけれど、そこにある特別にたくさん触れられたのは、震災が与えてくれたものだった。

震災のまえ、そして、あと。「たくさんのひとたちに」「たいへんなことがおこった」という事実は知っていても、ひとりひとりのその後や今は知る由もない。神戸からの20年。僕たちは、いろいろのあとの今を生きて笑っている。なにができるわけでなくても、ただ生きている。それだって「そのあと」の軌跡として意味があると考えるのは都合が良すぎるのかもしれないが、生きているというのはそれくらい、特別と特別の積み重ねなのだと感じるようになった。

Google

Google

-短歌鑑賞
-,

執筆者:

関連記事

no image

[短歌鑑賞]そのゆびが火であることに気づかずに世界をひとつ失くしましたね/笹井宏之

そのゆびが火であることに気づかずに世界をひとつ失くしましたね 笹井宏之 え-えんとくちから 「人それぞれ」とお題目のように唱えるようになって、異なる考え方や価値観を敵対視せず受け流すことができるように …

no image

[短歌鑑賞]トングにて肉の赤きを返しつつこの四半期をねぎらわれおり/松村正直

トングにて肉の赤きを返しつつこの四半期をねぎらわれおり 松村正直(blog) 午前3時を過ぎて (塔21世紀叢書) 空想であるのもリアルであるのも詩歌は自由。この歌はリアルそのもので、肉を焼く音やビー …

[短歌鑑賞]かの時に言ひそびれたる大切の言葉は今も胸に残れど/石川啄木

かの時に言ひそびれたる大切の言葉は今も胸に残れど 石川啄木 一握の砂 血圧や呼吸、心拍を伝える集中治療室のモニター。僕たちは父の顔をみて危機を知ったのではなく、赤くなった数字の色と響き渡る電子音によっ …

no image

[短歌鑑賞]この街が廃墟になっても後ろ手に空を見上げたままなのでしょう/東直子

この街が廃墟になっても後ろ手に空を見上げたままなのでしょう 東直子 十階 短歌日記2007 明石駅に降り立った父は、ホームからお城を望む光景をいたく気に入って、この街に暮らすことを決めたという。お堀が …

[短歌鑑賞]自殺者の三万人を言いしときそのかぎりなき未遂は見えず/吉川宏志

自殺者の三万人を言いしときそのかぎりなき未遂は見えず 吉川宏志 燕麦―吉川宏志歌集 (塔21世紀叢書) 新しい看板のまま、もう、営業をしている気配のないお店。 出来てすぐに潰れた場合もあれば、最後の最 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly